caperdonich

1898年から2003年まで操業されていた蒸留所になります。

グレングラントの第2蒸留所にあたり、同じくローゼスの街にて創業されました。

しかし、はやくも3年目には休止されてしまい、1965年にようやく操業を再開。ちょうどこの時にキャパドニック蒸留所と命名され、それまではグレングラントNo.2と呼ばれていました。

 

オフィシャルのシングルモルトとしてリリースされたことはなく、グレングラントの人気によってブレンド用の原酒が足りなくなったために建設されたと言われています。

シーバスリーガルやクイーンアンなどのブレンデッドウイスキーの主要原酒として使用されていました。

ちょうど写真に写っているボトルは、シーバスブラザーズ社よりシーバスリーガルの重要な原酒としてリリースされていたものになります。

 

仕込み水はグレングラントと同じくブラックバーンの水源から。キャパドニックの名前の由来もこちらからきているようです。

麦芽も同じものを使い、同型のポットスチルを使用していますが、グレングラントの直火加熱に対してキャパドニックはスチーム式の間接加熱。

今ならボトラーズものとして出回っていますので、この二つの蒸留所で呑み比べてみるとおもしろいかもしれません。