blenders_spirit001

2016年6月。ブラックニッカは誕生60周年を迎えました。

ニッカウヰスキーの創始者であり初代マスターブレンダーである竹鶴正孝氏。その同氏が世にブラックニッカを送り出して60年。

「ブレンダーズ・スピリット」はブラックニッカ生誕60周年を記念した限定ボトルとなっています。

 

日本で本物のウイスキーを造りたいという理想を掲げた竹鶴氏。本場スコットランドで生産されていたブレンデッドウイスキーを目指してブラックニッカを誕生させました。

リーズナブルによいウイスキーを造るため、モルト原酒を一等級ギリギリまで加え、1963年から導入されたカフェ式連続蒸留機によるカフェグレーンが配合されています。

現代でもその思想は現行で販売されているブラックニッカに受け継がれています。

 

・ピート由来のスモーキーフレイバーが添加されていないノンピートモルトを使用した「クリアブレンド」

ブラックニッカ クリア 4000ml

 

 

・シェリー樽熟成のモルト原酒を主体としカフェグレーンを配合した「リッチブレンド」

ブラックニッカ リッチブレンド 瓶 700ml

 

・ホワイトオークの新樽で熟成させたモルト原酒にカフェグレーン。そして45度のしっかりとしたアルコールが含まれた「ディープブレンド」

ブラックニッカ ディープブレンド 700ml

 

・余市、宮城峡、カフェグレーンがバランスよく配合された「スペシャル」

ブラックニッカスペシャル 1440ml

 

そして今回ブラックニッカ生誕60周年を記念して発売されたのが「ブレンダーズ・スピリット」になります。

【数量限定】ブラックニッカ ブレンダーズ スピリット 瓶 700ml

ブレンダーズ・スピリットの構成は

ブラックニッカ誕生の年である1956年蒸留の余市モルト原酒。

新樽で熟成された余市モルト原酒。

シェリー樽熟成の宮城峡モルト原酒。

長期熟成のカフェグレーン。

味わいのキーとなるのはやはりヘビーピートタイプの余市モルトと長期熟成のカフェグレーン。このカフェグレーンは25年以上熟成された西宮工場時代の原酒を中心に加えられているようです。

 

竹鶴正孝氏が活躍していた時代の原酒が味わえる「ブレンダーズスピリット」

シングルモルトの余市や宮城峡の原酒不足が相次ぐ中、貴重な原酒をふんだんに使用したこちらはブラックニッカ誕生60周年をお祝いするにはまさにうってつけの原酒構成です。

さらに価格帯も手ごろになっており、随所に初代マスターブレンダー竹鶴正孝氏の思想を継ぐ、非常にコストパフォーマンスのよいウイスキーと言えると思います。

ブラックニッカ ブレンダーズ・スピリット