marssinshu01

本坊酒造マルスウイスキーが長野県限定で販売しているご当地ウイスキー【信州】です。

原材料はモルトとグレーンのブレンデッドウイスキー。容量は720mlでアルコール度数は39°ですが、今後販売される信州についてはアルコール度数は40°になるそうです。

こちらは長野県のマルス蒸留所を見学した際に購入したボトルになります。

日本一高いところにある蒸留所!?信州マルス蒸留所 | 流しのバーテンダー

現地では200mlサイズのポケット瓶も販売されておりました。

 

大手メーカーの造るご当地ウイスキーと言えば、ニッカの宮城峡蒸留所で販売されている「伊達」や余市蒸留所でかつて販売されていた「北海道」、サントリーのグレーンウイスキー「知多」などが有名ですが、マルス蒸留所の「信州」も同じカテゴリーに当てはまります。

地ウイスキーのニュアンスが強い製品にはなりますが、小規模な地ウイスキー蒸留所とは異なり、大手メーカーの場合ですと地域に絞って販売が行われていた経緯がありますので、その辺りに特色があります。

marssinshu02

このようにラベルの裏にもしっかりと長野県限定と記載されております。

ただ、現在ではこのようなご当地限定のウイスキーがインターネットを通じて購入できることも事実で、手軽に全国各地のウイスキーを味わえるようになった反面、現地で購入するという愉しみが減っているような印象もあります。

実は過去に同じ形状のボトルで信州限定のツインアルプスという商品が販売されていたのですが、平成26年に販売を中止。その後の引継ぎボトルとして「信州」が発売されたという経緯があります。

信州限定版のツインアルプスは現在、全国展開しているツインアルプスとは別ものになります。

 

ブレンデッドウイスキー信州についてですが、味わいは地ウイスキーといったニュアンスが強く、比較的吞み口も軽めなので気軽にチャレンジしやすいウイスキーに仕上がっています。

 

信州限定マルスウイスキー信州