kurayosipawsk

ピュアモルト・ウイスキー倉吉。

鳥取県倉吉市にある松井酒造合名会社。1910年創業で干しいも焼酎で造られた焼酎で有名なメーカーです。

ウイスキーの製品としては「ノンエイジ倉吉」「倉吉シェリーカスク」「倉吉18年50°」の三種類。

アルコール度数はノンエイジ、シェリーカスク共に43°ですが18年は50°となっています。

 

いかにもジャパニーズウイスキーと言ったラベルには倉吉蒸留所と表記されておりますが、こちらで蒸留は行われてはおりません。

スコットランドから輸入したモルト原酒に国内の協力蒸留所からのモルト原酒をヴァッティングした後に樽に詰めて貯蔵。そこに大山山系の伏流水を加水調整用の水として使用しています。

松井酒造で実際に行われているのはヴァッティングからですので、調達した原酒をマリッジしてをウイスキーを生産しているみたいですね。

ピュアモルトウイスキーと表記されているところがミソです。

最近にはラベルの統一のために積極的に使用されることの少なくなったピュアモルト表記ですが、シングルモルトのような単一の蒸留所で生産されたモルトウイスキーに対して、複数の蒸留所のモルト原酒を使用したウイスキーはピュアモルトやヴァッテッドモルトと表現されます。

倉吉蒸留所と記載されていますが、仮にこちらでウイスキーの生産を行っていたとした場合、シングルモルト表記の方がユーザーウケがよいのは明白な事実です。

今後新たにウイスキーの生産を開始するかもしれませんので、これからに期待したいと思います。