2016年9月6日ローソン限定で予約受付が開始されたピュアモルトウイスキー暦15年。

沖縄の名護市にあるヘリオス酒造の古酒倉庫に2001年より眠っていた9つのオーク樽計2,000lが発見され、500mlボトルとして200本が限定発売されました。

残念ながら、こちらの暦15年を手に入れることはできなかったのですが、今回ローソンで「暦」という名前のウイスキーが販売されているとの情報を掴み、さっそく真相を確認しに近くのローソンまで行ってきました。

 

 

ピュアモルトウイスキー「暦」

実際ローソンへ入ってみるとウイスキーコーナーには暦という名前のウイスキーは見当たらず……

仕方なくビールでも買って帰ろうかと思ったところ、なんと冷蔵庫に保管されていた冷酒の隣りに暦なる文字を発見!

まさかと思って手にとってみると、そこにはピュアモルト表記のウイスキーという文字。こうして無事、ピュアモルトウイスキー暦を手に入れることができました。

 

こちらの暦は15年ものではなくノンエイジ。

沖縄、ヘリオスウイスキーという表記も確認できます。

裏ラベルの表示を見てみると

原材料:モルト

アルコール度数40%

内容量180ml

15年ものの500mlと比べてだいぶ少ないですが、モルト100%使用されているようです。

このノンエイジのピュアモルトウイスキー暦は2016年10月25日よりローソンにて発売。価格は税込みで853円とちょっとお高め。

以前、ヘリオス酒造によって台湾向けに販売されていた「神谷」と比べるとずいぶんと手に入りやすいのでよしとしておきましょう。

ピュアモルトウイスキー暦には暦15年に若い原酒がブレンドされており、限定ボトルの暦15年はおよそ20%ほど配合されているようです。

2,000lの在庫のうち15年は200本限定でしたので100lがすでに使われているということなので、全国のローソンで販売するには在庫は足りてそうです。

味わいはスモーキーさを持ちながら、甘味や若い原酒ならではのエグミ。キレもあって飲み易いウイスキーとして仕上がっていました。

15年ものの原酒がメインとして効いているいるせいか、はたまた熱帯の沖縄で熟成されている分熟成がはやいのか意外にもしっかりとした印象をうけます。

今のところ近くのローソンにも数が並んでおりましたので、地ウイスキーマニアの方なら一つは手に入れておいてはいかがでしょうか。

※追記:開栓してから時間が経ったものを試飲してみましたが、以前の印象よりも泡盛の香りが強く現れていました。これは熟成庫に泡盛の古酒などが一緒に保管されている影響かもしれませんね。

 

ウイスキーを学ぶ | 流しのバーテンダー