drinking-whisky

初めてウイスキーにチャレンジしてみたいという気持ちがあっても、まず何をどうしたらいいのかさっぱりわからないという方が多いと思います。

国産のウイスキーはもちろん、本場スコットランドやアイルランド。バーボンウイスキーやカナディアンウイスキー。これら五大ウイスキーと呼ばれているものだけではなく、現在ではドイツやフランス、インドや台湾などでも生産されているウイスキーも大変な人気を誇っており、一体どのボトルから手をつけていいのかわからなくなってしまうことが多々あります。

バーや酒屋さんで思う存分呑むことができれば理解に苦しむことはありませんが、限られた予算内でウイスキーを味わうとなるとそうと言ってはいられません。

そこで今まで書いた記事の中で、ウイスキーに挑戦する方に向けたものだけをまとめてみました。よろしければ参考になさってください。

 

 

ウイスキーの選び方

hngkngshrnk007

ウイスキーに慣れていない方が陥りがちな問題ですが、下手に強烈な個性のウイスキーを呑むことによってウイスキー自体を嫌いになってしまったり、始めから蒸留の方法などを勉強してしまうことで偏向した知識を持ってしまいがちです。

せっかくお酒が嗜めるのであれば、これからの人生ウイスキーを避けて通ってしまうのは非常にもったいないことだと思います。

まずは系統の似ているスコッチウイスキーと国産のジャパニーズウイスキー

バーテンダーがオススメするウイスキーの選び方 | 流しのバーテンダー

そしてバーボンウイスキーの選び方についてです。

呑んで美味しいバーボンの厳選おすすめ銘柄 | 流しのバーテンダー

今回、他のウイスキーについては省いていますが、上記した三つの種類のもの以外も非常にクオリティの高いものが多く、呑まず嫌いで過ごすというのは残念なことです。しかし、初めてウイスキーに挑戦しようという方にはハードルも高く、ウイスキーについての理解にも混乱に陥るかもしれませんので日本で一般的なものだけに止めました。

これらのウイスキーに慣れてきてからチャレンジしてみましょう。

 

 

ウイスキーの呑み方

kktl003400272

ウイスキーを手に入れた後は呑み方についてです。

一般的には水割りやハイボール。慣れてきたらロックやストレートで嗜むといった順番で呑まれるのが定石といったところでしょうか。もちろん、この順番にこだわる必要はありませんので、自由に挑戦して自分に合った呑み方を見つけてみてください。

家庭でもできるウイスキーの飲み方~基本から応用まで~ | 流しのバーテンダー

 

 

ウイスキーのグラスについて

titawjk014

ウイスキーに充分と慣れてくるとこだわりたいのがグラスの選定です。

ウイスキーで使用されるグラスはストレートならショットグラスやテイスティンググラス。水割りやハイボールであるならばタンブラーが一般的です。

スコッチやジャパニーズウイスキーをストレートで呑まれる方に一番人気が高いのがテイスティンググラスになります。

【必見!】ウイスキーのテイスティンググラス7選!選び方と簡単な解説 | 流しのバーテンダー

バーボンウイスキーであるならばショットグラスのイメージがありますね。

テキーラやバーボンに最適なユニークなショットグラスたち11選 | 流しのバーテンダー

そしてどのウイスキーでも対応できるのがロックグラスです。できれば氷にもこだわりたいところです。

プレゼントや一人呑みでこだわりたい男のロックグラス14選 | 流しのバーテンダー

水割りハイボールで呑まれる方にはこちらのタンブラーがおすすめです。

自宅でのハイボールや水割りにオススメのウイスキーグラス5選 | 流しのバーテンダー

実際に家庭で呑まれるのであればそこまで気にすることもなく、私などでも自宅では気軽にお気に入りのロックグラスでストレートや少しソーダを足したりして呑むこともありますので、神経質になる必要はないと思います。

 

 

ウイスキーを勉強するためにおすすめの書籍

drinking-whisky006

当サイトでもウイスキーについて出来るだけご紹介をしていこうと思っていますが、私自身もまだまだ勉強中の身なものでして、きちんとした情報を提供できずに残念に思っております。

ネットでの情報でも充分ですが、一度書籍を手にとって勉強してみるというのもウイスキーに対する理解や呑む楽しみが倍増しますのでおすすめです。

ウイスキーを勉強してみたいという方のための良書10選 | 流しのバーテンダー

 

まとめ

以上でウイスキーを初めて呑まれる方に向けた紹介は終了です。

ウイスキーの選択から呑み方、グラス、勉強する本など一連の流れに沿ってまとめてみました。

これらすべてを行うことが必要というわけではなく、あくまでも私自身がおすすめするものになりますので、実際にウイスキーについて詳しい方が身近にいる場合にはぜひアドバイスを受けてみてください。

それではよいウイスキーライフを!!

ウイスキーを学ぶ | 流しのバーテンダー