jm-double-oak

ジムビーム・ダブルオーク.

今年2016年7月5日発売のジムビームの新商品になります。同時にリリースされたジムビーム・デビルズカットの情報が気になる方はそちらの記事も参考にどうぞ。

ジムビーム【デビルズカット】 | 流しのバーテンダー

今回発売されることになったジムビーム・ダブルオークですが、その名前の通り二つの樽を使用しているというところが特徴となります。

まず通常のジムビームと同じようにバーボン樽にて4年間原酒を熟成させます。そこから熟成された原酒を取り出し、アメリカン・ホワイトオークを一段階目よりもさらにチャーのレベルを上げて造られた新樽によって3~6ヶ月追熟します。こうして熟成されたバーボンがジムビーム・ダブルオークになります。

マリッジのように異なる原酒をブレンドするのではなく、ウッドフィニッシュように新樽を利用しているというのがポイントです。

 

今回の発売に関して、ジムビーム社7代目マスターディスティラーであるフレッド・ノオ氏の発言でも「200年の伝統のあるジムビーム・ファミリーの最新版として位置づけされており、世界とそれを共有するということに興奮している」とありました。

ビーム・サントリーの中でも世界市場に向けて販売されることは間違いでしょう。

日本国内では発売は今のところありませんが「ジムビーム・ケンタッキードラム」という商品があります。これはジムビームとスコッチウイスキー、中でもハイランドのアードモアをブレンドしたウイスキーで、ビーム・サントリーより海外向けとして発売されています。

ビーム・サントリーの世界戦略の中でもメインの一つとして据えられているのがこのジムビーム・ケンタッキードラムになりますが、今回発売されたジムビーム・ダブルオークもこの後に続く形で展開をしていくという発表がありました。

 

今年はEU離脱問題でスコッチウイスキー業界は荒れそうな雰囲気がありますので、このあたりを突いて攻勢をかけてきているのがビーム・サントリーというところでしょうか。

ジムビーム・ダブルオーク。果たしてどこまで抜き出ることができるのか楽しみでもあります。

 

ジムビーム ダブルオーク【7代目マスターディスティラリー「フレッドノー」サイン入り非売品オリジナルグラスセット】