日の丸をイメージした切り絵風のラベルデザインであるグランドキリンJPL。ジャパニーズ・ペール・ラガーと読むのかと思っていましたが、調べてみると正確にはジャパン・ペール・ラガーと読むようです。

2017年3月28日(火)に発売されたこちらのプレミアムビールは限定品というわけではなく、同じく発売されたグランドキリンIPAと共に、今までのグランドキリンの正統後継品という位置にあたります。世界的にもIPAのジャンルは一大ブームメントとして君臨していますので、この大胆な方向転換がグランドキリン・シリーズを今後どのように左右するのか楽しみなところでもあります。

さて肝心の中身についてですが、原材料は麦芽にホップ。麦芽は国内で栽培された大麦をキリンビール自社内で精麦した完全国産麦芽。そしてヘルスブルッカーホップとネルソンソーヴィンホップという組み合わせに、国産のホップ「いぶき」を使用することによってジャパン・ペール・ラガーを構成しています。

アルコール度数6%と高めな数値になります。

泡立ちはよいですが、少々荒々しく引きが速い印象です。出先のホテルに備えつけられていたコップを使用しましたので、そのことも影響していると思われます。

グラスに注いでいるとたちまち立ち込める濃厚なホップの香り。前回のグランドキリンIPAと近いように感じられますが、こちらは国産ホップを謳っています。なのでこの特徴的な濃厚なホップの香りはディップホップ製法が由来しているのかもしれません。

どちらかと言えばグランドキリンIPAよりもこちらの方がホップが効いているようにも感じます。後味にしっかりと残るホップの苦味はいつまでも続き、余韻として残ります。しかし飲み易さのほうはバツグンで、ライトな飲み口に濃厚なホップの香りと苦味。キリンラガーの上級品といった感じでむしろ新しいユーザーというよりは、これまでのキリンラガービール・ファンに向けたプレミアムビールなのではないか?と考えてしまうような味わいに仕上がっています。

最近は新しいジャンルに挑戦するビールが多い中、ある意味、このような原点回帰にも近い考え方で新しいことに挑戦するのは貴重な存在なのかもしれません。

……まぁここまで言っておいてなんですが、すべて私の妄想の範囲なのであまり間に受けないようにお願いします。

グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)