JR新潟駅南口側にある「ぽんしゅ館」

日本酒を始めとした新潟の特産品やお菓子などのお土産を購入したり、お酒コーナーの片隅で立ち飲みできる角打ちなど、駅と直結していながら存分に新潟を味わえるおすすめなスポットです。

今回はそんなぽんしゅ館に、日本酒のガチャガチャがあるという話を教えていただいたので、お土産を購入ついでに寄ってみることにしました。

 

ぽんしゅ館

新潟市にある昔からの飲み屋街古町や朱鷺メッセ、万代シティがあるJR新潟駅万代口側。その高速バスターミナルの後ろ手の階段から南口側に抜けるとぽんしゅ館があります。

入口にはさっそく日本酒bar角打ちの看板を発見。

よくよく確認してみると、一人なんと2000円で飲み放題!二部制になっていておつまみの持ち込み自由のようです。

日程に余裕があれば入ってみたいところですが、今回の目的は日本酒ガチャガチャです。興味はありますので、ここは軽くスルーはせずに少しだけ中を覗いてみることにしました。

漬物や肉製品、新潟名物イタリアンなどの食材が並ぶお土産コーナーに開放的な形で店構えで設置されていたのが角打ちのぽんしゅbar。

カウンターに置いてあるおすすめの20銘柄の中から好きなように自分で注ぐことができるスタイルのようです。一升瓶が入ったケースは底にある氷で冷やされており、ポアラーもつけられているので気軽に注ぎ込むことができます。

ちょうどスタッフの方は見当たりませんでしたが、テーブルにはちらほらと一杯やっている人たちがみえました。これだけの銘柄を自由に呑むことができるというのであれば、ついつい欲張って飲み干してしまい。ふらふらになりそうです。

飲みたい気持ちを我慢して、角打ちをあとにお土産コーナーを散策していきます。

入口から手前に新潟の素材で出来たジュースに野菜や肉類の加工品。お土産用のお菓子や調味料が並び、奥には新潟全土から集められた豊富な日本酒が並んでいました。ここには缶つまや魚介系のおつまみもたくさんありましたので、さきほどの日本酒bar角打ちに持ち込むと充実しそうです。

新潟のあらゆる日本酒が立ち並ぶ中、何やら区切られたスペースを発見。奥にあったのがお目当ての日本酒ガチャガチャのお店でした。

 

利き酒番所

営業時間は9:30から20:30。

観光の初めによることもでき、帰りの新幹線待ちにも使いやすそうです。

93の日本酒蔵から総勢111種類のお酒を愉しむことができ、500円ワンセットでお猪口が一つと5枚のコインが渡されます。

少し童心に帰ったような気持ちになりますね。

お猪口は返却制で同じものを使いまわします。もちろん洗い場やセルフのミネラルウォーターも設置されており、自由に使用することができました。

店内には若い女性から年配の夫婦まであらゆる層の観光客が次から次へと入店してきます。

日本酒ガチャガチャと言われるだけのことはあって、さながらガシャポンの機械が並んでいるゲームセンターのようです。

先ほどの角打ちもすごかったですが、これだけ日本酒の機械がところ狭しとならんでいると圧巻です。

飲みたい銘柄が多すぎて迷ってしまいますね。

壁際にある黒板にはおすすめの日本酒が記載されていたのでまずはそちらから。左に書いてあるナンバーはガチャガチャの番号ですので、ここから探していけば間違いはありません。

さっそくコインを投入してみます。

使い方は簡単で、機械の下にあるトレーの窪みにお猪口をはめ込みます。そしてコインを投入して、番号の上にある黄色いボタンを押すだけで自動的に日本酒が注ぎ込まれていく仕組みです。

今回呑んだのはスタッフが選ぶ今月のおすすめ「ほまれ麒麟特別純米」

初めて飲みましたがとてもレベルが高い味わいです。

この機械の左右には女性向けや通向け、甘辛度にアルコール度数や日本酒度、酸度が明記されているので銘柄がわからなくても自分の好みを見つけやすくなっています。

見た事のない変わったラベルのものや

後ろの冷蔵庫にはさらにハイクラスの日本酒も用意されていました。

おつまみにはあらゆるジャンルのお塩。

こちらに写っているのはほんの一握りで実際には数倍もの種類があります。

10種類の銘柄を味わってちょうど1,000円ポッキリです。追加のコインはスタッフの方に言えば渡してもらえます。

中には全酒蔵制覇するツワモノも存在しているようで、このように名前が書かれた札がかけられるサービスも。

新潟出張の多い方の憩いの場というだけではなく、日本酒の勉強のために活用しても満足できると思います。

気が付けば早々に飲み過ぎてしまったので、酔いを醒ます意味でも隣にある日本酒の販売コーナーで一休み。気に入った銘柄を即購入できるのもありがたい仕様です。

初めての新潟市でしたが大満足のぽんしゅ館でした。