ブルゴーニュ地方はボルドー地方と並ぶフランスの一大銘醸ワインの産地になります。ロマネ・コンティやシャンベルタンなどの高級ワインから、ボージョレヌーボーのような季節に応じたワインと幅広く、ナポレオンを始めとした数々のワインに関する逸話があることでも有名です。

主要なブドウ品種はピノ・ノワールシャルドネ

ボージョレヌーボーで有名ガメイアリゴテという白ブドウも栽培されています。

 

ブルゴーニュ地方全体のAOC

ブルゴーニュ地方のAOCはボルドー地方より細分化されており、最上級であるグラン・クリュ(特級畑)に認定された畑は、畑の名前がそのままグラン・クリュ名になります。

また、ブルゴーニュ地方の格付けはAOCにより細分化された階層構造になっています。

プルミエ・クリュ(一級畑)もグラン・クリュ(特級畑)と同じように畑に対して認定されています。村名+一級畑名が一般的ですが、中には複数のプルミエ・クリュをブレンドすることにより、畑の名前が明記されていない場合もあります。

 

ここからはブルゴーニュの各地区についての解説です。

ブルゴーニュは大きく地区で分類すると6つの地区にわけられますが、この中でもグラン・クリュ(特級畑)を持つものは地区名ではなく別枠で記載します。

 

・シャブリ地区

・コート・ド・ニュイ地区

ジュヴレ・シャンベルタン

モレ・サン・ドゥニ

シャンボール・ミュジニー

ヴージョ

ヴォーヌ・ロマネ

・コート・ド・ボーヌ地区

ペルナン・ヴェルジュレス

アロース・コルトン

ラドワ・セリニ

ピュリニ・モンラッシェ

シャサーニュ・モンラッシェ

・コート・シャロネーズ地区

・マコネ地区

・ボージョレ地区