ブルゴーニュ地方のワインと並んでフランスを代表する生産地であるボルドー地方です。

ボルドー地方のワイン産地は、大西洋に向かって流れるジロンド河を中心に上流にあたるドルドーニュ川やガロンヌ川に沿って分布しています。ボルドーワインの分類としてはやはり川を基準として考えることが多く、ジロンド河左岸や右岸などと識別されています。

一般的な生産地区で分類すると

ジロンド河左岸オー・メドックメドック

ジロンド河右岸コート

ガロンヌ川左岸グラーヴソーテルヌ

ガロンヌ川右岸ソーテルヌ対岸コート

ドルドーニュ川左岸ドルドーニュ河左岸

ドルドーニュ川右岸サン・テミリオンポムロールコート

ガロンヌ川とドルドーニュ川の間アントル・ドゥー・メール

この地域では、有名シャトーを筆頭とした赤ワインとシャトー・ディケムが代表される貴腐ワインやソービニヨン・ブラン主体の辛口の白ワイン。ロゼやクレレ、発泡性のワインまで生産されています。

栽培されているブドウ品種も、5大シャトーの多いメドック地区ではカベルネ・ソーヴィニヨンが主体となり、シャトー・ペトリュスなどがあるポムロールではメルローの栽培が盛んです。世界中でワイン醸造に使用されているこれらのブドウ品種のお手本となっています。

黒ブドウ

・カベルネ・ソーヴィニヨン

・メルロー

・カベルネ・フラン

・マルベック

・プティ・ヴェルド

・カルムネール

白ブドウ

・ソーヴィニヨン・ブラン

・セミヨン

・ミュスカデル

 

ボルドー地方全体のAOC

地方名AOC赤ワイン白ワインロゼ
ボルドー
ボルドー・シュペリュール◯半甘
ボルドー・クラレット
ボルドー・ロゼ
クレマン・ド・ボルドー

少し補足しておくと、AOCボルドー・シュペリュールというのは、AOCボルドーをより厳格に規定したAOCにあたり、地区名や村名のAOCであるメドック地区やマルゴー村などより広域にわたった地方名のAOCになります。

 

ボルドー・クラレットは薄い赤色のワインのことを示しています。クラレットは英語読みで、フランス語ではクレレと言います。

これはかつてボルドーがイギリス領であった時期があり、ボルドーで生産されたワインはイギリスへ送られていました。その時のワインは現在とはことなり、淡い赤色をしていたためこのような通称がついていると言われています。

 

クレマン・ド・ボルドーについてですが、クレマンとはフランスのスパークリングワインの一種にあたります。

フランスのスパークリングワインと言えば、まずシャンパンが思い浮かびますが、これはシャンパーニュ地方の伝統的製法に基づいたワインのことで、他の地域で生産されたものはシャンパンとは呼ばれません。クレマンの多くはシャンパーニュ地方のような伝統的製法で造られるものが大半を占めています。

クレマン以外にもムスーやペティヤンなど、フランスにはガス圧の違いにより様々なスパークリングワインの分類が存在しており、スパークリングワイン自体を表す用語としてはヴァン・ムスーというものがあります。

 

ボルドー地方の格付けワイン

ボルドー地方の格付けワインと言えば、1855年のパリ万国博覧会で制定されたメドック地区のものが有名ですが、これ以外にも貴腐ワイン専門のソーテルヌや複数の衛星地区を持つサン・テミリオン地区なども格付けが行われています。

メドック、グラーヴ、ソーテルヌ、サン・テミリオンの四つの地区の優良生産者が格付けワインとして制定されていますが、慣習上の格付けとしてポムロール地区のものも一般的に格付けの一つとして認識されています。

 

メドック地区のワインと格付けシャトー一覧

ソーテルヌ地区のワインと格付けシャトー一覧

グラーヴ地区のワインと格付けシャトー一覧

サン・テミリオン地区のワインと格付けシャトー一覧

ポムロール地区の慣習的な格付けについて

 

クリュ・ブルジョワ・デュ・メドック

1932年にボルドー商工会議所とジロンド県の農業会議所によってクリュ・ブルジョワが発表されました。これは政府の認可によるものではなかったので他の格付けと比較すると法的な根拠もなく権威の劣るものでしたが、2003年に格付けシャトーの下のクラスとしてメッドック地区の8つのAOCの中から選ばれたシャトーが正式な格付けとして認定されることになります。

しかし、このリストにはワイン商だけでなくシャトーを所有するオーナーも含まれていることから、早くも2007年に公正性に疑問が問題があるとして裁判で取り消されてしまいます。

その後、2008年のヴィンテージより従来の格付けとしてではなく、一つの認証としてのクリュ・ブルジョワがエチケットに復活を果たすこととなりました。

 

クリュ・アルティザン

畑の栽培面積が6haに満たない小規模な家族経営のシャトーの中で、メドック地区の8つのアペラシオンから認定される格付けの一つになります。

150年以上続くクリュ・アルティザンですが、2006年に初めて44のシャトーが格付けされ2005年ヴィンテージから適用となっています。

クリュ・アルティザンの8つのアペラシオン

サン・テステフ

ポイヤック

サン・ジュリアン

リストラック・メドック

ムーリス

オー・メドック

メドック

 

セカンドワイン

ボルドーワインの中でもシャトーの名前を冠したものをファースト・ラベルと呼び、樹齢の若いブドウや熟成段階で選別されたワインなど、ファースト・ラベルの基準に見合わなかったものがセカンドワインとして販売されています。

5大シャトーのセカンドワイン

カリュアド・ド・ラフィット

レ・フォール・ド・ラトゥール

パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト

バアン・オー・ブリオン

 

 

ワインの勉強や飲み方について | 流しのバーテンダー