whisky-hb-glass

ご自宅でウイスキーの水割りやハイボールを造るのに最適なタンブラー。

バーではよく見かけるタンブラーですが、意外にもご家庭で持ち合わせている方はとても珍しいそうです。

家にあるグラスであればどれを使おうと問題はありませんが、せっかく自分で作ったお酒を楽しむのにグラスへと意識が向いていないのではもったいないと思います。

同じように作ったハイボールでもグラスの違いによって味わいは異なります。これはタンブラーが最適ということではなく、グラスの種類や材質によって思いがけない発見があるということです。

そこで今回は、ハイボールなどに使いやすいジョッキやタンブラーなどを素材や形状別にご紹介していきたいと思います。

 

 

おすすめのウイスキーの水割り・ハイボールグラス

SUNTORY 角ハイジョッキ

自宅でもお店の気分が味わえるオススメの角ハイジョッキグラスです。

ハイボールから水割り、ジンジャーエールなどで割ってもこれさえあれば間違いありません。

☑容量:375ml

 

サーモス真空断熱タンブラー JDE-420

ステンレス製の真空断熱タンブラーです。

魔法瓶と同じ構造になっており、結露もなく、冷たさをキープしながら暖かい飲み物でも持ち手が熱くならないのでホットウイスキーにも利用できます。

専用の蓋も販売されていますので、そちらも使えばさらに温度を保つことができる優れ品です。

☑容量:420ml

 

銅製ビアカップ

銅製のビアカップですが、モスコミュールなどのカクテルはもちろんのことハイボールや水割りにも応用できます。

銅は熱伝導率が高いので冷たい飲み物を注いだときの口当たりはよく爽快感が増します。

難点は結露によって水滴がつきますのでコースターが必要だというところです。

☑容量:550ml

 

【松徳硝子】うすはりタンブラー

実際にバーなどでも使用されているうすはりグラス

軽くて薄い吞み口がウイスキーの繊細な味わいを惹きたててくれます。

こだわりのハイボールならこちらが一番おすすめです。

ただし、酔っ払って割らないように注意してください。

☑容量:375ml

 

【バカラ】タンブラー マッセナ

高級グラスで有名なフランスのバカラのタンブラーになります。

非常に高価な価格ですが、クリスタルガラスの重みと輝きが普段の生活に彩りを与えてくれます。

満足度は非常に高く、充実したお酒の時間を提供してくれます。

☑容量:370ml

 

 

まとめ

気分に合わせていろいろなグラスを使ってみるといつもとは違った味わいが出てきますので、同じウイスキー、同じ作り方でもまったく異なるお酒が誕生します。

たかがハイボールや水割りと考えずに、ちょっとした意識を向けてみることで新しい世界が開けてくるので、たまには口当たりや温度などにも注目してアルコールを愉しんでみてください。

ウイスキーを学ぶ | 流しのバーテンダー