bourbon-select

西部劇で出てくるようなカウボーイがカッとひと口であおるお酒のイメージや、政府の目を逃れて密造酒を運ぶマフィアたち、あるいは一人静かなバーで飲まれるハードボイルドなお酒というイメージがあるバーボン・ウイスキー。ウイスキーという名前がついているとおり、バーボンはアメリカで造られているウイスキーの一つを表しています。

今回はバーボンの入門編ということなので、初心者におすすめできる銘柄をご紹介する前に少しバーボンについて勉強してみることにしましょう。

 

 

バーボンとは?

始めに言ったように、バーボン・ウイスキーとはアメリカで造られているウイスキーの中でも数ある種類の一つということでした。

ここでは簡単にバーボン・ウイスキーというものは一体なんなのか?ということについてお話していきたいと思います。

 

バーボン・ウイスキーの名前の由来

そもそもなぜバーボンと呼ばれているのでしょうか?

これは単純にアメリカのケンタッキー州にあるバーボン郡がその発祥地になっているからです。

アメリカ独立戦争の際、アメリカに味方したフランスではブルボン王朝が栄えていました。この戦争を勝ち抜くことができたアメリカは、フランスに感謝の意を持ってケンタッキー州の一つの郡をブルボン郡と名付けます。このブルボン(Bourbon)という名前がアメリカ風にバーボンと呼ばれるようになり、この地域で造られたウイスキーが有名になったことからバーボンで造られたウイスキー。すなわちバーボン・ウイスキーという呼称が定着したのです。

 

バーボン・ウイスキーの定義

さて、バーボンの名前の由来がわかったところで今度はその特徴についてです。

アメリカで造られるウイスキーはおおよそ原材料によって区別されています。

例えば、ライ麦が主体となったウイスキーはライ・ウイスキーと呼ばれますし、大麦で造られているものはモルト・ウイスキーと呼ばれます。ジャックダニエルのようなケンタッキー州ではなく、隣りのテネシー州で生産されているものはテネシー・ウイスキーと言われるのが一般的です。

そしてバーボン・ウイスキーとは、原材料にトウモロコシを51%以上使用した蒸留酒であること。

内側をチャーと呼ばれる加熱処理で焦がした新品のオーク樽で熟成されていること。

などが挙げられます。スコッチや日本のウイスキーの場合原材料は大麦主体のものが多いですし、シェリー樽やバーボン樽などの使い古した樽を中心に熟成に利用されています。

バーボン・ウイスキーと名乗るためには他にも条件はありますが、基本としてここだけ抑えておけば問題はありません。細かい条件はバーボン・ウイスキーをいろいろと試してみてからでも遅くないので安心してバーボンを飲んでみましょう。

 

以上の簡単な説明でしたが、いよいよここからが初心者におすすめできるバーボンの銘柄の紹介です。

 

初心者におすすめのバーボンウイスキー

ワイルドターキー8年

骨太の男のお酒を求められている方にはワイルドターキーがおすすめです。

中でも8年ものはアルコール度数50%と高く、重厚な味わいにバニラやスパイシーなバーボン独特の風味が強く残り、もっともバーボンとしてのイメージに相応しいウイスキーに仕上がっています。

 

メーカーズマーク レッドトップ

コーン以外の材料として使用されるライ麦の代わりに冬小麦を使用したスムースな味わいが人気のハンドメイドバーボンです。

赤色の封蝋やラベルなど随所にこだわりがほどこされており、製法だけでなくデザインも楽しい一本です。飲み易くマイルドな味わいがお好きならこちらがおすすめ。

 

オールド グランダッド 114

アルコール度数57%ととても高く、それでいてスムースな飲み口としっかりとした味わいが評判の通好みの一本。名前についている114とはアメリカのアルコール度数の表記のことで、日本の度数に換算するとちょうど半分の57%になります。

こだわりながらもしっかりとした味わい。洗練された大人のバーボンです。

 

ブラントン シングルバレル

ケンタッキー州の州都200周年記念して誕生したバーボンの銘柄ブラントンです。

ひと樽ひと樽、熟成のピークを見極めて厳選された原酒だけがボトル詰めされています。クオリティはとても高く、バーボン界のブランデーと称されるほどです。

そして特徴的なのがボトル上部についているフィギュアです。競馬が有名なケンタッキー州の記念ボトルらしく、サラブレッドに跨った騎手がちょこんと鎮座しています。このフィギュアはブラントンズ(blantons)のアルファベットの文字の数だけ存在しており、Bの出走からSのゴールまであります。競馬ファンだけでなくコレクター性が高いバーボンですが、手書きのラベルを採用していることなど品質にも自信をもっています。

 

I.W.ハーパー ゴールドメダル

籐のステッキを持ったシルクハットの紳士とゴールドのデザインが都会の洗練されたイメージを連想させるバーボン。

味わいもコーンによる甘味が強く繊細で、一般的なイメージである荒々しいバーボンとは一線を画しています。バーボンが苦手という方でも飲み易く、辛口が苦手という方にも一番おすすめな銘柄です。

 

エヴァン・ウィリアムス 12年

12年熟成というバーボンの中でもとても長い熟成期間と50.5°という高アルコール。この二つを兼ねそなえながら味わいのバランスもよく、価格もリーズナブルです。

エヴァン・ウィリアムスというバーボンの創始者の名前を持つ、バーボンらしい個性を感じられながらも手軽に熟成感が味わえる非常にコストパフォーマンスに優れた一本です。

 

オールドエズラ 12年
こちらも同じく12年熟成の50.5°。エヴァンウィリアムスより高額にはなりますが、甘味と円熟味が強調された中にバーボンの個性を秘めた味わいはこの銘柄しか飲まないファンも多くいます。

ジャックダニエルの対抗馬をして発売されたエズラ・ブルックスという銘柄がありますが、こちらはその上級品に当たります。

 

フォアローゼズ プラチナ
四輪のバラが美しいフォアローゼスの最上級品。

ロマンチックな逸話と繊細な味わいが人気を呼んでいるフォアローゼスですが、この通称プラチナと呼ばれるスーパープレミアムは、長期熟成による円熟の限界に達した原酒だけが使用されています。日本でしか販売されていないこのボトルは、その優しくも芳しい香りと非常になめらかな口当たりで女性にも人気の高い逸品です。

 

ブッカーズ 【テイスティンググラス付き】
最後に紹介するのはアルコール度数60°オーバーの骨太バーボン。

ジムビーム社6代目のマスターディスティラーであるブッカー・ノウによって生み出された銘柄です。高いアルコールに負けない強い甘味と熟成を感じる味わい。そこにアルコールの厚みとパンチが効いた理想のバーボンです。

もちろんバーにおける人気も高く、バーボンに憧れる男性であればかならず挑戦しているボトルです。

 

 

まとめ

始めのうちは強烈な個性に驚くかもしれませんが、飲み慣れていくうちにバーボンが持つ個性に病みつきになっていきます。

このバーボン・ウイスキーの何よりも嬉しいところは、スコッチや日本のウイスキーと比べると価格が手ごろで手に入りやすいというところですね。もちろん高級な銘柄もありますし、マニアックで希少価値の高いボトルも存在します。比較的、安価で美味しい銘柄が手に入りやすいということが大切で、個人での飲み比べもしやすいですし、好みの銘柄を普段飲みにストックしておくこともできます。

飲み方を気にせずロックやコーラで割ってもよいですから様々な種類のバーボンにチャレンジしてみましょう。
ウイスキーを学ぶ | 流しのバーテンダー

その他のバーボンに関する記事

プレゼントや一人呑みでこだわりたい男のロックグラス14選

ロックグラスはバーで使用されるグラスの中でも繊細なカットやクリスタルの重厚な輝きによってもっとも美しいグラスの・・・

コメントなし

初心者におすすめな代表的なバーボンの銘柄~入門編~

西部劇で出てくるようなカウボーイがカッとひと口であおるお酒のイメージや、政府の目を逃れて密造酒を運ぶマフィアた・・・

コメントなし

テキーラやバーボンに最適なユニークなショットグラスたち13選

ショットグラスと言えば、バーボン片手にキュッと一杯呑み干したり、罰ゲームでテキーラを注いだりとわき役的な印象の・・・

コメントなし

ウイスキーを勉強してみたいという方のための良書10選

ウイスキーの勉強をするにあたって本の選択はとても重要な要素になります。 巷にはウイスキーに関連した書籍が溢れて・・・

コメントなし

最新のアメリカン・クラフト・ウイスキーとバーボンのおすすめ銘柄

クラフト・バーボンやオーガニック・バーボンと言ったマイクロ・ディスティラリーの隆盛により盛り上がりをみせるアメ・・・

コメントなし