fkiwkssssb001
福井県、若狭湾を望む海辺沿いに、レストランやお土産コーナーを併設している「海遊バザール千鳥苑」があります。

舞鶴若狭自動車道の若狭美浜ICを降りて日本海へ向かうとすぐに見えてくるのが千鳥苑。

ここ千鳥苑は海沿いのドライブインのような作りになっており、大型の駐車場も完備されております。

二階の大広間では日本海を一望しならが楽しめる海鮮バイキングのレストラン、一階にはお土産コーナーや足湯、軽食コーナーにパン工房が一体となった総合施設となっております。この建物の隣にはクラフトビールのブルワリーが併設されており醸造所見学や軽食コーナーにて地ビールを楽しむことができます。

姉妹館として若狭名物のへしこをあつかった施設もありました。

ちょうど福井市に用事がありましたので、せっかくなので帰りに立ち寄ってみることに。

 

 

若狭シーサイドブルワリー

fkiwkssssb002

車から降りるとすぐに、千鳥苑の隣にブルワリーが建てられているのを発見できます。

近づいて中を覗いてみましょう。

多目的釜、ろ過槽などが並んでおり、醸造作業はこちらで行われているようです。

フリーで見学できるという話だったので、内に入れそうな入口を探してみました。

しかし、こちらは外から眺めるだけで一般見学者用の出入り口は見当たりません。

仕方がないので話を聞いてみようと思い千鳥苑に入ってみると、奥の方にブルワリーへの入口を発見しました。

fkiwkssssb003

五木ひろしミュージアム!!

インパクトが大きくて地ビールのことを忘れてしまいそうになりました。

全国広しと言えどなかなかこの組み合わせは見たことがありません。

地ビールと五木ひろし。

調べてみるとここ美浜町は五木ひろし氏の出身地のようですね。

また新しい知識が一つ増えました。

 

それでは中に入って行きましょう。

fkiwkssssb004

内部はこのように広々としており、自由に行き来できるようです。受付などもありませんでした。

一番奥に位置しているのが先ほど外から眺められた施設のようなので、工程を逆順に見ていきます。

 

まずは瓶詰やろ過器。ガラス越しに見学していきます。

サーマルタンクがずらり。

fkiwkssssb005

手書きで中のビールの種類が書いてあるのが見てとれました。

若狭ブルワリーではヴァイツェン・アンバーエール・ペールエールの三種類が生産されております。

特に小麦ビールのヴァイツェンは2010年の全国酒類コンクールにおいて優勝した有名な銘柄です。

温度表示なども確認することができ、大変見学者に親切な作りになっています。

fkiwkssssb006

こちらはモルト貯蔵庫。ここが見学できる施設は珍しいですね。

麦芽粉砕機も置いてあります。

部屋の合間にも若狭ブルワリーをモチーフにした絵や記念の写真などが展示されていました。

 

そしていよいよ醸造室に到着です。

fkiwkssssb007

ソファーなども設置してあり快適な見学スペースです。

醸造の光景をみながらゆっくりしてみたいですね。

 

そして、この部屋には全国の地ビールの瓶が博物館のように陳列されていおります。

fkiwkssssb008

すごい量です。ここまで集めるのにどれだけの時間がかかるのでしょうか。

地方ごとに各銘柄がずらりと並んでおります。

解説を読んでみると『地ビール「瓶」の博物館』の山本祐輔氏のコレクションのようです。

この方は全国の地ビールを呑みつくした人物として有名な方で、様々なイベントやテレビなどにも出演なさっています。

 

醸造設備の対面には大きなガラス窓があり

fkiwkssssb009

若狭湾の絶景を一望できる空間になっていました。

居心地がよくていつまででも居られそうな空間ですね。

 

全国の地ビールをじっくりと拝見させていただいた後は、千鳥苑へと戻っていきます。

fkiwkssssb010

見学スペースの反対側は当然のように五木ひろし特設コーナーです。

ポスターだけでなく、解説もきちんとありました。

地元で人気が高いのも頷けるようです。

 

千鳥苑に到着すると真っ先に軽食コーナーにむかいます。

fkiwkssssb011

こちらではうどんやカレーなどの軽食の他、焼き鯖寿司やへしこお握りもいただくことができます。当然、ビールは若狭シーサイドブルワリー。

ここのビールは酵母を自然のままに生かした味わいが特徴で、原材料は有機農法で栽培された麦とカナディアンロッキーのホップ、そして清涼な若狭の仕込み水を利用しています。

やはりお目当てはヴァイツェンですね。

ドイツのバイエルン地方の名産ですが、古くから経営されている日本の地ビールのブルワリーではよく見かけるスタイルです。

fkiwkssssb012

お土産用にはこちらの三点セットを購入。

 

今回は時間があったので立ち寄っただけでしたが、非常に充実した見学となりました。

団体用に試飲のプログラムも用意されているようなので、今度は仲間内でツアーを組んでみたいですね。

皆さまもお時間があるときにちょっと足を延ばして気軽にブルワリー見学などなされても楽しいかと思われますよ。

 

 

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

その他のブルワリー見学に関する記事

アサヒビール四国工場・見学ツアー

アサヒビール四国工場の見学。 四国巡りをしていた際に高知市から愛媛の松山市に向かう道中、何か立ち寄る地はないも・・・

コメントなし

伊勢神宮だけじゃない!?歴史もビールも味わえる!!伊勢角屋麦酒

三重県と言えば伊勢神宮。 内宮、外宮、おはらい町、おかげ横丁と一日中楽しめるおかげ参りも定番ですが、ちょっと足・・・

コメントなし

東海初のクラフトビール!!伊賀の里モクモク手づくりファーム

東海地区で最も古く歴史のある地ビール工房と言えば、実は三重県にある「伊賀の里モクモク手づくりファーム」になりま・・・

コメントなし

亀山で発見!?ドライブインの中にあるブルーパブ!!かめやま地ビール・乾杯のうた

東名阪自動車道を亀山ICで降り、一号線沿いにあるドライブインの名称があんぜん文化村。 ここ、亀山JCTは新名神・・・

コメントなし

駅近!気軽に寄れる!キリンビール名古屋工場見学

実は今回で三度目となる名古屋にあるキリンビール工場見学です。 これまではバーテンダーとしての集まりなどで見学さ・・・

コメントなし