sanktgallen001

神奈川県厚木にあるサンクトガーレン。

1994年の地ビール解禁前からビールを生産していたことにより日本の地ビール第一号や地ビールの元祖などと称されることもあります。

残念ながらサンクトガーレンは通常醸造設備の見学は受けつけていませんので、近くを通ったついでにどのような場所にあるのがを確かめにふらりと立ち寄りました。

しかし、年数回ほどイベントなどで工場見学は実施されておりますので、タイミングのよかった方は見学することも可能となっております。

 

 

意外にも工場地帯にあったサンクトガーレン

sanktgallen002

場所は神奈川県厚木市。相模川と中津川の真ん中に位置しています。

ちょうど首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎 境古河)の高架沿いに建物が建っており、辺りには工場がひしめきあっていました。

早朝通りがかっただけでしたので、中で作業が行われている様子は感じられませんでしたが、入口にはリフトやサンクトガーレンのロゴの入った段ボール箱などが確認できます。

sanktgallen003

国内の地ビールメーカーの中ではしっかりとした作りの建物です。

トップの写真にも写っているロゴの入った看板など気合いが入っている印象ですね。

残念ながら工場については見学が行われていないのでここまでになります。せっかくですので、少しサンクトガーレンの概要を説明していきたいと思います。

 

 

サンクトガーレンの歴史

sanktgallen004

サンクトガーレンで有名なビールと言えば、やはりインペリアル・チョコレート・スタウトではないでしょうか。

こちらはバレンタインデーに向けて生産される限定醸造のビールで、黒糖やスイートバニラ・スタウトなどスイーツを意識したかのようなビールが発売されていることで有名です。

もちろんメイン銘柄にはペールエールやアンバーエールなども生産されております。

 

2006年に販売が開始されたインペリアル・チョコレート・スタウトがバレンタイン商戦で大ヒット。ここから一気に有名な地ビールメーカーとして名乗りを上げることになります。

始めに説明したように日本の地ビールの中でも元祖と言われる由来は、1994年の地ビール解禁に先駆けてアメリカでビールの生産を開始していたからです。

1993年にサンフランシスコにてブルーパブをオープン。日本人の造る地ビールはアメリカでも珍しく、これがアメリカで話題を呼び、日本の地ビール解禁の動きの一旦を担ったと言われています。

なぜアメリカでビールの醸造を開始したかというと、当時の日本の法律では国内で小規模な醸造所がビールを生産することが難しかったからです。そこでサンフランシスコで開業していた飲茶レストランを改装してブルーパブとしてスタートを切りました。

その後日本でも小規模醸造所による地ビールの生産が解禁。アメリカから機材を輸入して六本木に飲茶レストラン「サンクトガーレン」をオープンさせたのが1993年になります。この時はまだアメリカで造られたビールを逆輸入することによって販売を開始し、日本ではノンアルコールビールや発泡酒などを生産しておりました。

日本で本格的に醸造を開始したのは1997年。サンフランシスコのブルーパブを引き払い厚木にて地ビールの生産が始まります。一時期地ビールブーム衰退による煽りをうけましたが、2002年にビール醸造会社として独立することになりました。

そして2006年のインペリアル・チョコレート・スタウトのヒットによって一躍有名になり、2009年には現在の工場が完成することになります。

 

 

ラインナップ

サンクトガーレンは当時オーナーがアメリカで呑んだビールに感銘を受けたことによってスタートしました。

日本では下面発酵のラガーが呑まれることがほとんどですが、サンクトガーレンでは上面発酵のエールのみを生産しています。

ワールド・ビア・アワードやインターナショナル・ビア・コンペティションなど数々のビールが受賞しており、その品質は折り紙つきでもあります。

※受賞した主なコンペティション

IBC(インターナショナル・ビア・カップ)

ABC(アジア・ビア・カップ)

WBA(ワールド・ビア・アワード)

 

スイートバニラスタウト 2015

アロマホップの代わりに使用されているのが、マダガスカル産のA級グレードのバニラビーンズです。

スタウトのチョコレートのようなニュアンスとバニラの風味がマッチしたスイーツビールになります。

☑2007ABC銀賞・IBC金賞

☑2008IBC銅賞

☑2009ABC銅賞

☑2012ABC金賞

☑2014ABC金賞

☑2015WBA最優秀賞

 

黒糖スイートスタウト

沖縄産の黒糖を使用した黒ビールです。

イギリスのスイートスタウトがベースになっています。

☑2007IBC金賞

 

湘南ゴールド

sanktgallen011

希少な神奈川県産オレンジ「湘南ゴールド」を使用したフルーツビール。

☑2008IBC金賞

☑2009IBC金賞

☑2010IBC銀賞・ABC銀賞

☑2011IBC銀賞・WBAアジアベスト

☑2012IBC金賞

☑2013IBC銅賞・WBAアジア銀賞

 

パイナップルエール

sanktgallen012

約600kgのゴールデンパインを使用したフルーツビール。

パイナップルと麦汁を一緒に発酵させることによって生まれるフルーティーな風味が特徴。

☑2007IBC銀賞

☑2008IBC銀賞

☑2010IBC銅賞・ABC金賞

☑2011IBC金賞・ABC金賞

☑2012IBC銅賞

☑2013IBC銅賞・WBAアジアベスト

 

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

その他のブルワリー見学に関する記事

日本海を望む光景!若狭シーサイドブルワリー

福井県、若狭湾を望む海辺沿いに、レストランやお土産コーナーを併設している「海遊バザール千鳥苑」があります。 舞・・・

コメントなし

サンクトガーレン

神奈川県厚木にあるサンクトガーレン。 1994年の地ビール解禁前からビールを生産していたことにより日本の地ビー・・・

コメントなし

【滋賀】ビール見学だけじゃない!?滋賀県キリンビール工場

全国各地にあるキリンビール工場。その中でも滋賀県の工場には他にない特色があります。 それは一体、どのようなもの・・・

コメントなし

サントリービール京都工場

炎天下の中訪れたのは京都府長岡京市にあるサントリービール工場です。 JR長岡京駅からも無料バスが運行しており、・・・

コメントなし

サッポロビール北海道工場を見学

サッポロビール北海道工場。 写真は工場施設内の通路です。サッポロビールの醸造設備を見学するのはこれが初めてにな・・・

コメントなし