krnsig001

全国各地にあるキリンビール工場。その中でも滋賀県の工場には他にない特色があります。

それは一体、どのようなものなのでしょうか。

 

JR南彦根駅からタクシーで10分。バスも出ています。または、近江鉄道スクリーン駅から徒歩で15分。

のどかな田園風景の中に醸造所はありました。

krnsig002

駐車場には各地からタクシーやバスで団体客がたくさん集まっていました。

見学は無料です。そして事前予約が必要なのでお忘れないように。

 

さっそくゲストホールで受付を済ませます。

今回は「一番搾りうまさの秘密体感ツアー」に申し込みました。

始めに待合室にてガイドさんから説明と注意事項があります。

krnsig003

そして工場長と嵐のメンバーによるメッセージビデオを拝見します。

誠実、キャッチーな印象で、さすが大手というだけあってしっかりとしたアプローチです。

ここからまずは主原料についてのお話しです。

krnsig004

通常の麦芽とスタウトに使用するカラメル麦芽、それにホップへと直にさわることができます。

最新のAR技術も駆使した解説にみなさん興味津々です。

krnsig005

こういった試みが何度も通いたくなる秘訣なのかもしれません。

 

ホップを手にとって半分に割ってみます。

krnsig006

この内側にある黄色い粒がビールの苦味の素になります。

これをまるごと煮沸釜に投入して風味付けを行うということです。

 

ここから醸造設備を見学します。

krnsig007

上から眺める巨大な麦汁ろ過槽たちは圧巻です。

奥から糖化釜、麦汁ろ過槽、ウォルトタンク、煮沸釜、麦汁静置槽と並んでおり、先ほどの原材料たちの行く末が目に見えるようです。

清潔な設備内には大きな窓もあり、景色も抜群でした。

 

ところで、キリンビールといえば一番搾り。今回のツアーの主目的でもあります。

krnsig008

アルコール発酵する前の麦汁を一番搾りと二番搾りにわけて試飲することができます。

通常のビールは一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を混合して発酵させますが、その原料の違いを明確に理解することができます。

二番麦汁は一度搾った後にお湯を足して再度生産したものです。

実物を比較されて、皆さん納得のご様子でした。

ここから実際に店頭にならぶのは約2ヶ月ほどかかるとのこと。

 

その後、酵母やろ過についての解説があり、貯蔵タンクを遠巻きに眺めます。

ボトリング工程は巨大スクリーン!!

krnsig009

なんとも迫力があります。

手前には缶ビールのラインも配置してあり、洗浄、瓶詰、パッケージングなどが大変見やすくなっていました。

 

最後には歴代ラベルなど、いろいろな展示物。

krnsig010

従来の瓶と軽量瓶の重さもさわって確認できます。

 

見学も一通り終わったところで、お待ちかねの試飲タイムです。

krnsig011

写真はキリンビール恒例?の三度注ぎの実演です。

ゲストホールの奥にある試飲会場では一番搾りの生ビール、スタウト、そして一番搾りシングルモルトの三種類が試飲できました。

「一番搾りシングルモルト」はウイスキーと多少意味が異なるようで、イギリス産ウエストミンスター種のオーガニック麦芽を100%使用した単一品種による一番搾りだそうです。

パッケージにも高級感が漂っております。

キリン 一番搾り シングルモルト<オーガニック麦芽100%> 305ml×12本

ノンアルコールビールやノンアルコール酎ハイなどもありドライバーの方も安心していただけます。

また、場内の自販機は無料になっており、お子さまもキリン製品のドリンクを楽しめますのでご家族でも大丈夫ですね。

 

お土産コーナーにはTシャツやストラップなどのキリンビールグッズ。ウイスキーの富士山麓もありました。

krnsig013

そうそう、すっかり忘れておりましたがキリンビール滋賀工場では全国で唯一「午後の紅茶の見学ツアー」が開催されております。

ペットボトルの成形現場から抽出、調合、パッケージングまで見学できるそうです。

今回は時間の都合で行けませんでしたが、今度は午後の紅茶ツアーをメインに訪れたいと思います。

売店では午後の紅茶グッズも購入できますよ。

 

駐車場へ戻る途中、綺麗な糖化釜があったので立ち寄りました。

krnsig012

こちらは今はなきキリン京都ミニブルワリーで活躍した糖化釜と糖化槽です。

日本で初めてできたマイクロブルワリーで、こちらの工場の1/10の規模の小さな醸造所でした。

京都オリジナルビールも生産していたので、引退が悔やまれます。

現在のようなマイクロブルワリーブームがおきていたら、また違った結果があったかもしれませんね。

 

そんなこんなでキリンビール滋賀工場見学。

彦根観光だけでなく、ここだけでしか行えない午後の紅茶ツアーもありますので、一日工場見学というのも楽しいかと思いますよ。

 

 

キリンビール工場見学はこちらからどうぞ

キリンビール滋賀工場

受付時間:9:00~17:00

休館日:月曜・年末年始

 

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

その他のブルワリー見学に関する記事

サンクトガーレン

神奈川県厚木にあるサンクトガーレン。 1994年の地ビール解禁前からビールを生産していたことにより日本の地ビー・・・

コメントなし

【滋賀】ビール見学だけじゃない!?滋賀県キリンビール工場

全国各地にあるキリンビール工場。その中でも滋賀県の工場には他にない特色があります。 それは一体、どのようなもの・・・

コメントなし

アサヒビール四国工場・見学ツアー

アサヒビール四国工場の見学。 四国巡りをしていた際に高知市から愛媛の松山市に向かう道中、何か立ち寄る地はないも・・・

コメントなし

真冬でも暖かいところでビールが呑みたい!!オリオンビール工場見学

まだまだ冷え込む二月の上旬。 急きょ休みになった二連休。 何の予定も入っていなかったのでどこかへ行こうとか思い・・・

コメントなし

伊勢神宮だけじゃない!?歴史もビールも味わえる!!伊勢角屋麦酒

三重県と言えば伊勢神宮。 内宮、外宮、おはらい町、おかげ横丁と一日中楽しめるおかげ参りも定番ですが、ちょっと足・・・

コメントなし