テキーラと言えば陽気なイメージのお酒。

そんなテキーラはパーティーには欠かせません。気軽な仲間同士の飲み会や賑やかな海外式のパーティー、果てには意外に思われるかもしれませんが、セレブが集まるゴージャスなパーティー。

最近では華やかな場面で振る舞われるお酒というのはテキーラのイメージが定着してきいます。こんな素敵な飲物を知らないで過ごすのはもったいない。

若者や地元のおじさん、それからセレブや成功者。そう、どんな年齢や性別、シチュエーションにも対応できるのがテキーラです。

そんなテキーラにこれからチャレンジしてみたいという方におすすめのテキーラをご紹介していきたいと思います。

飲み易いものから価格帯にマッチしたもの。

簡単に分けてみましたのでご覧になってください。

 

 

始めに

これから簡単にテキーラ初心者の方に向けて解説をしてみたいと思います。今回ご紹介するテキーラの☑のリストに記載されている事柄についてです。

 

まずはジャンル。テキーラはアガベ(リュウゼツラン)と言うものからできた蒸留酒になります。

このアガベの比率が51%以上含まれているものをテキーラと呼び、純粋にアガベのみを使って生産されているものはアガベ100%と表記されています。それ以外のものはミクスト・テキーラを呼ばれます。

さらに今回は初めての方でも受け入れやすいように、テキーラをベースとしてフルーツや糖分などを加えたフレーバード・テキーラというものも紹介しています。

 

次にテキーラのアルコール度数は35度~55度

産地はテキーラ5州と呼ばれているメキシコの州が基本ですが、その中でもテキーラ村のあるハリスコ州にあるバジェス地方ロスアルトス地方とわけて記載しています。

バジェス地方は昔ながらの伝統的なテキーラが多く生産されている地方で、味わいもテキーラ独特のクセを持った力強いものが造られています。

ロスアルトス地方は反対に新しい蒸留所が多く、スムースな口当たりで旨みや甘味が強い地方になります。

一概にすべてのテキーラがそのようになっているとは限りませんが、簡単な指標として参考にしてください。

 

そして最後は樽による熟成期間の違い。

テキーラの熟成の分け方はブランコレポサドアネホエクストラアネホに分けられます。

ブランコは無色透明。熟成されていないものや熟成されていたとしても60日未満のものになります。

レポサドはゴールドの色あいで熟成期間は最低2ヶ月。

アネホは琥珀色。最低1年間は熟成されています。

最後にエクストラアネホ。あまり一般的なものではありませんが、最低3年以上は熟成されているものを示しています。

 

まとめると

ジャンル(フレーバードテキーラやアガベ100%)

熟成期間(ブランコ・レポサド・アネホ)

生産地域(バジェス地方・ロスアルトス地方)

アルコール度数

となっていますのでぜひご参考になさってみてください。

お付き合いいただいてありがとうございました。それではここから初めてみたいと思います。

 

 

フレーバードテキーラ

タランチュラ アズール

ブルーの色あいのテキーラには天然のシトラスが配合されており、さわやかでほんのりと甘い口当たりが男女問わずに人気があります。

テキーラとしての味わいは抑えられており、テキーラ初心者の方でもロックですんなりと受け入れられる味わいが特徴です。

☑フレーバード・テキーラ

☑アルコール度数:35度

 

パトロンXOカフェ

アメリカのセレブに人気のあるプレミアムテキーラパトロンに100%天然のコーヒーを加えたプレミアム・フレーバードテキーラです。

繊細なパトロンの味わいに香り高いコーヒーのコクと香りが融合して、そのままでもミルクで割っても愉しむことができます。

コーヒー系リキュールの中でも甘さは控えめなので、しっかりとしたアルコールとコクの大人のコーヒーカクテルを簡単に作ることができます。

☑フレーバード・テキーラ

☑アルコール度数:35度

 

パトロン シトロンジ

同じくパトロンを使用したプレミアム・フレーバードテキーラになります。

こちらはメキシコ産の高品質なバレンシアオレンジを使用しており、そのままでも充分に愉しめますが、マルガリータなどのオレンジキュラソーとテキーラを使用するカクテルにはもっとも相性のよい素材にもなります。

☑フレーバード・テキーラ

☑アルコール度数:40度

 

 

価格帯3,000円前後の高品質テキーラ

クエルボ・トラディショナル・レポサド

テキーラの名門クエルボ社がメキシコ国内向けに販売しているアガベ100%のテキーラ。

現地でもっとも人気のある三大テキーラのうちの一本がこのボトルになります。

近年、日本でも少しづつ手にはいるようになってきました。

☑アガベ100%

☑レポサド

☑バジェス地方

☑アルコール度数:38度

 

アガバレス レポサド

2010年のサンフランシスコ・ワールドスピリッツ・コンペティションにて銀賞を獲得してから日本でも紹介されるようになりました。

低価格でありながらも高品質なアガベ100%として評価が高いテキーラになります。

スムースでマイルドな口当たりですが、テキーラらしいクセも感じとることができます。

☑アガベ100%

☑レポサド

☑バジェス地方

☑アルコール度数:40度

 

エラドゥーラ プラタ

馬の蹄鉄がトレードマークのプレミアムテキーラ。

ブランコでありながらも40日間熟成されており、一切の添加物や酵母を加えることもなく自然のままに任せて生産されているこだわりのブランド。

一時期輸入が途絶えていましたが近年復活しました。

☑アガベ100%

☑ブランコ

☑バジェス地方

☑アルコール度数:40度

 

 

価格帯5,000円以上のプレミアムテキーラ

パトロン アネホ

パトロンはアメリカで有名な美容サロンのCEOが設立に関わっており、スターやセレブの間で爆発的な人気を呼びました。

アガベの栽培から蒸留、製品化まで一切の妥協のない繊細な造りは、比較的新しいブランドであるにもかかわらず、今ではもっとも有名なプレミアムテキーラの一つとして有名です。

☑アガベ100%

☑アネホ

☑ロスアルトス地方

☑アルコール度数:40度

 

ドンフリオ アネホ

創業者の名前を冠したドンフリオは弱冠17歳からテキーラ造りを始め、後に病床から復帰したドン・フリオの快気祝いとして振る舞われたのがテキーラがあまりにも美味しかったことからブレンド名として名づけられました。

そのテキーラの品質だけでなく、テーブルの先の相手の顔が見えるようにと配慮された背の低いボトルなど随所にこだわりが施されております。

テキーラ業界ではその名前を知らない人がいないと言われているほど有名な銘柄になります。

☑アガベ100%

☑アネホ

☑ロスアルトス地方

☑アルコール度数:38度

 

カー テキーラ レポサド

一つ一つ手書きで描かれているドクロのボトルが特徴的なプレミアムテキーラ。

「死者の日」という先祖と共に喜びを分かち合う祭りにちなんだボトルで、味わいも刺激的です。

さらにレポサドはテキーラ業界最高度数の55度あります。

☑アガベ100%

☑レポサド

☑バジェス地方

☑アルコール度数:55度

 

エル・テソロ パラディソ

テキーラ界の名門蒸留所が造るプレミアムテキーラ。

エル・テソロは「宝石」を意味し、パラディソは「楽園」を表しています。

伝統的でありながらも個性的な製法で造られているパラディソはマニア必見の味わいです。

☑アガベ100%

☑エクストラ・アネホ

☑ロスアルトス地方

☑アルコール度数:40度

 

 

価格帯10,000円以上のスーパー・プレミアム・テキーラ

キリン ドン・フリオ 1942(箱入り)

セレブが呑むテキーラと言えば真っ先名前の挙がるドンフリオ1942。

アメリカのハリウッドやIT業界で非常に人気が高く、成功者のステータスシンボルとしても用いられています。

数字の1942はドン・フリオがテキーラ造りを始めたという年にちなんでおり、創業60周年を記念して販売が開始されました。

テキーラとは思えないほどのエレガントな味わいは一度は呑んでおきたいテキーラの一本です。

☑アガベ100%

☑アネホ

☑ロスアルトス地方

☑アルコール度数:38度

 

グランパトロン プラチナ

世界最高を冠するスーパープレミアムテキーラ。

ハンドメイドのクリスタルボトルは手磨きで仕上げられており、その品質だけでなく、ボトルや木箱さえも一体となって芸術として完成しています。

まるで水のようなスムースな呑み口と最上級のアガベから生み出されるという蜂蜜のような味わいが特徴です。

☑アガベ100%

☑アネホ

☑ロスアルトス地方

☑アルコール度数:38度

 

 

まとめ

どのテキーラも実際に呑んでみて美味しかったものやバーでの営業中に評判の高かったもの、そして比較的手に入りやすいものを中心にご紹介させていただきました。

上記したもの以外にもまだまだたくさんのテキーラが存在しており、今現在も新しい蒸留所が誕生している真っ最中のテキーラ。

お気に入りの一本を見つけながら、これから一緒にテキーラの世界を探求していきましょう。

テキーラについて | 流しのバーテンダー

その他のテキーラに関する記事について

テキーラやバーボンに最適なユニークなショットグラスたち13選

ショットグラスと言えば、バーボン片手にキュッと一杯呑み干したり、罰ゲームでテキーラを注いだりとわき役的な印象の・・・

コメントなし

見ているだけで楽しいユニークなテキーラボトル12選

個性的なデザインの多いテキーラのボトルは、陽気で色彩豊かなメキシコの風土を表しているようで愉快な気持ちにさせて・・・

コメントなし

2017年度版!最新のプレミアムテキーラおすすめのアネホ

円熟したテキーラが醸し出す味わいはウイスキーやブランデーなどの蒸留酒に決して引けをとらず私たちを愉しませてくれ・・・

コメントなし

プレミアム・テキーラの作り方

テキーラの作り方についてです。 伝説によれば伝統的なメキシコの醸造酒であるプルケがコンキスタドールによってブラ・・・

コメントなし

レポサドのテキーラ~その違いや飲み方、おすすめの銘柄~

テキーラ特有の熟成表記といえばレポサドです。 アルコールの強いお酒というイメージをもたれやすい無色透明のブラン・・・

コメントなし