halloween1610alcohol

子供だけでなく大人も楽しめるイベントとして浸透してきたハロウィンパーティー。

仮装や食事だけでも充分に楽しいですが、そこにお酒も加わることによってさらに盛り上がること間違いなしです。

今回はそんな大人のパーティーで手軽に楽しめるハロウィン限定で発売される世界のお酒をまとめてみました。

 

 

おすすめのハロウィンのお酒

カルーア【パンプキン】

カルーアミルクで人気のカルーアからハロウィン限定で販売されるパンプキンフレーバー

アラビカ種のコーヒー豆を100%使用したカルーアにスパイスやかぼちゃの風味が入っています。おすすめの呑み方はホットミルク割りです。

 

ナース・オブ・ザ・デッド

初?のゾンビ専用お酒シリーズ「ナース・オブ・ザ・デッド」

呑む点滴と言われる濁り酒人の血に似ていると言われるザクロ果汁をブレンド。その他、醸造アルコールも使用したリキュールになります。

アルコール度数は5%で720ml。飲み易くネタには最適かも?

 

シスター・オブ・ザ・デッド

ゾンビ専用のお酒シリーズ第二段「シスター・オブ・ザ・デッド」

修道女モチーフに相応しく赤ワインがベース。品種はキャンベル・アーリーになります。そこにレッドグレープフルーツ、ザクロ、醸造アルコールを配合。

アルコール度数は5°の500mlです。

 

パイレーツ・オブ・ザ・デッド
350ml
ゾンビ専用のお酒シリーズ第三弾は「パイレーツ・オブ・ザ・デッド」

サトウキビから造られた海賊のお酒ラム覚醒作用のあると言われるコーヒーが漬けこまれたリキュール。

アルコール度数35°の350ml。

シリーズすべてを制覇するにはアルコール度数の低いものから攻めましょう。

 

 

ハロウィン限定のビール・缶酎ハイ

秋冬限定フルーツビール 【アップルシナモンエール3本お試しセット】

元祖日本の地ビールでおなじみのサンクトガーレンからは秋冬限定のアップルシナモンエール。

欧米のハロウィンではかぼちゃだけでなくリンゴも人気が高く、アップルパイのようなフレーバーのビールはバニラアイスやシフォンケーキなどともも相性抜群です。

 

アサヒ カクテルパートナー【デビルブルーカクテル】 350ml×24本入

アサヒのカクテルパートナーからはカクテルの「ブルーデビル」がモチーフのハロウィン限定の缶チューハイ。

アルコール度数3%。ジン・レモン・オレンジなどが配合されており、カクテルのブルーデビルを手軽に呑み易く仕上げており、自宅でのハロウィンパーティーに最適です。

 

アサヒ カクテルパートナー【エンジェルレッドカクテル】 350ml×24本入

デビルブルーと対照的なネーミングの「エンジェルレッド」

ピーチリキュールをベースにストロベリーが配合されており、ラベルはデビルブルーと並べてみると満月が現れる仕様となっています。

呑み比べるだけでなく二つのお酒をミックスしても楽しめる味わいになっています。

 

 

ハロウィンワイン・スパークリング

【赤ワイン】ラ・キュベ・ミティーク スペシャルエディション

手ごろな価格とミディアムボディの味わいが人気のラ・キュベ・ミティークからハロウィン限定ラベルが登場。

使われているコルク栓は、なんと素手であけることができるので、呑む場所を問わずにいつでも楽しむことができます。

 

【スパークリングワイン】国産うんしゅうみかん100%

国産の温州ミカンを100%使用した甘口のスパークリングワイン。

スッキリとした甘さと酸味。ハロウィンをイメージした色あいはハロウィンパーティーの幕明けにはうってつけです。

乾杯の際にはよく冷やしてからどうぞ。

 

 

その他のハロウィン仕様のお酒

楊州 かぼちゃマッコリ

ほのかにパンプキンフレーバーが香る韓国のマッコリです。

原材料は小麦粉とかぼちゃ。

1,000mlと大容量なので余ったときは冷蔵庫へ。

 

ハロウィン限定 かぼちゃ焼酎 25度

熊本県産万次郎かぼちゃを使用した米焼酎。

ハロウィン限定1000本の生産量で、江戸末期から使用されている甕にて仕込んだ完全手づくりになります。

普段から焼酎を嗜む男性にはピッタリのハロウィンのお酒です。

 

パンプキンフェイス ホワイト ラム

ドミニカ共和国産のプレミアムラム。

パンプキンフレーバーはついていませんが、特徴的なパンプキンフェイスのボトルは世界中でお祝いのシンボルとされています。

 

 

まとめ

ラベルだけでなく、パンプキンやリンゴなど、味わいも多彩に楽しめるのがハロウィンのお酒の特徴です。アルコールのジャンルも様々なものがあり、ハロウィン限定の特別レシピと組みあわせてみてもおもしろいかもしれませんね。

カクテルの勉強や技術、必要な道具について | 流しのバーテンダー