日本の正月やお祝いごとと言えば金箔の入った日本酒が振る舞われるとゴージャスで華やかな気分になりとても人気があります。

お酒と金。

まさに日本のお正月といった感じで面白いお酒の組み合わせですが、洋酒の中でお祝いの席に振る舞われるとするならば、やはりシャンパンを筆頭としたスパークリングワインでしょう。

シャンパンと金。

なんともゴージャスな組み合わせですよね。

残念ながら金箔入りのシャンパンというものは存在しませんが、金箔入りのスパークリングワインならば販売されています。

シャンパンやカヴァのように伝統的製法を守ったワインですと、金箔を入れてしまうことによって基準から外れてしまいシャンパンと名乗れなくなってしまいます。しかし、スパークリングワインというカテゴリーとして販売するのであれば問題ありません。

もちろん日本で販売するには食用の金箔を使用する必要がありますが、お正月や結婚式などのお祝いの席に一風変わった金箔入りのスパークリングワインを愉しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

食用の金箔とは?

まず気になるのが食用として使用されている金箔についてです。

最近では金箔を使ったソフトクリームや和菓子、高級レストランでは料理の演出に使用されていますね。

食用として使用できる金箔はおよそ純金95%純銀5%の構成で含有されています。金、銀ともに味や香りはありませんが、食品添加物として認可されているものです。

金はアルコールに溶けることもなく、お酒への化学変化も起こしません。なので金箔が溶け込んだお酒というものはなく、品質に影響することもありません。

また金箔の効能や人体への害があるという不安も、金箔は胃酸に反応することはないので体内に吸収されることはなくそのまま排出されてしまいます。

金歯や銀歯などに使用されているという事実から見ても人体への影響はないと考えて問題ないでしょう。

 

食用の金箔の場合、金の構成は先ほどの比率になりますが、金箔に含まれている金はおよそ3%くらいになります。残りの90%以上の成分は食用の透明なフィルムであるプルラン。そしてそのプルランと金を接着させているツェインという成分になります。

プルランは食品添加物に指定されているデンプンを原料とした水溶性の多糖類で、口の中では溶けますがエタノールなどのアルコール類に溶けだすといったことはありません。

ツェインはトウモロコシから抽出されたタンパク質になります。

食用の金箔というものは味や効能に期待するものではなく、食べ物や日本酒などに利用される、おめでたい席の演出や料理をゴージャスに魅せるためのものになります。

 

 

注ぎ方

普通のシャンパンのように金箔入りのスパークリングワインを注いでしまうと、せっかくの金箔がグラスに入らずにボトルの中に残ってしまいます。これでは演出にならずもったいないですよね。

フルートグラスの中にキレイに金箔が舞っているように提供するには、ボトルの底に沈んでしまっている金箔を持ち上げて液体に分散させる必要があります。

購入後、よく冷やした金箔入りのスパークリングワインを横向きに持ち、泡が立たないようにゆっくりと逆さに向けてやります。

こうしてボトルの底に溜まってしまった金箔をボトルのネック部分に集めてから、再度、中身を泡立てないようにボトルをテーブルに静置させます。

そしてキャップを外しコルクを開け、用意したシャンパングラスにボトルの底を持ちながらゆっくりと手首を捻るように注いでいけば、キラキラと金箔の舞う美しいスパークリングワインの完成です。

 

 

手に入りやすい金箔入りのスパークリングワイン

ゴールド・リーフNV

その名前も金箔を意味しているゴールドリーフ。

中に入っている金箔は一本ずつ手詰めで入れられており、ボトルによって多少のバラつきがあるようですが、金箔の内容量は22カラット。

☑生産国:ドイツ

☑ワインタイプ:やや甘口

☑ブドウ品種:アイレン50%/トレッビアーノ40%/リースリング10%

 

フェリスタス

こちらも22カラットの金箔が入ったやや辛口のスパークリングワイン。

フェリスタスという名前はラテン語で幸福という意味を持ち、結婚式などでは重宝されています。

生産国であるドイツでは黄金を飲むと健康に良いという言い伝えがあります。

☑生産国:ドイツ

☑ワインタイプ:やや辛口

☑ブドウ品種:リースリング/ミュラートゥルガウ

 

レトワール・ドール

同じく22カラットの金箔が入ったドイツのスパークリングワイン。今度は甘口になります。

レトワール・ドールという名は輝く星という意味を持ち、グラスの中に煌びやかに輝く金箔をイメージしています。

☑生産国:ドイツ

☑ワインタイプ:甘口

☑ブドウ品種:トレッビアーノ50%/アイレン50%

 

【マンズワイン】ゴールド・スパークリング

国産の金箔入りスパークリングワイン。

使用されているブドウも山梨県を中心にすべて国産のものになります。ただしブレンドされているブドウ品種は年代によって変わっているようです。

☑生産国:日本山梨県

☑ワインタイプ:やや甘口

☑ブドウ品種:甲州/マスカットベリーA/ナイアガラ

 

マセット 24Kゴールド

24kを使用した高級金箔入りスパークリングワインです。

カヴァと同じ伝統的製法で造られ熟成は24ヶ月。数ある金箔入りスパークリングワインの中でも味わいはもっとも本格的な仕上がりになっています。

☑生産国:スペイン

☑ワインタイプ:辛口

☑ブドウ品種:マカベオ/チャレッロ/パレリャーダ

 

 

まとめ

調べていると金箔の入ったスパークリングワインはまだまだ存在しているようで、他の銘柄でも海外で販売されています。国が変わっても金箔を食べることで健康を促進したり病気を治療するといった日本と同じような迷信もあり、金箔入りのお酒はお祝いの席で提供されています。

たまには金箔入りのスパークリングワインでお正月やお祝いの席にゴージャスな雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか。

シャンパンやスパークリングワインの勉強 | 流しのバーテンダー