champagne-opener001

シャンパンやスパークリングワインを開栓する際に開け方に戸惑ったり、コルクが飛ぶことに不安を覚えたりしたことはないでしょうか?

シャンパン本体に炭酸が含まれていることによって内部のガス圧によりコルクが押し出されてしまいます。そこで一般的なワインのようにコルクだけではなく、留め金で封をされているのが特徴です。

単純にコルクを外すだけの動作なのですが、キレイに開栓するとなると少しコツが入ります。

今回は私が実際に業務上行っているシャンパンの開け方から、力がなくとも簡単に安全に抜くことができる手軽なシャンパンオープナー、そしてサーベルの使い方についてです。

シャンパンの開け方にはこういった方法もあるという話を順番に説明していこうと思います。

 

 

シャンパンの開け方

champagne-opener002

シャンパンやスパークリングワインを開けるときに特別な道具は必要ありません。

構造としてはボトルの口にはまっているコルクが針金で抑えられており、その上にキャップシールが付いています。これらを順番に外していけば大丈夫なのですが、シャンパンの特性上中にガスが充満しており、開栓時にコルクが飛び出してくることがあります。

お祝いの席などでは派手な演出として問題はないのですが、営業中にコルクが飛んでいってしまったり、開栓時の大きな音や飛び出したコルクで物を壊してしまっては格好がつきません。

シャンパンを開栓する際、もっともスマートなのは、決して音を立てずにスムーズに抜栓作業をこなすことが挙げられます。始めのうちはなかなか慣れないでしょうが、意識しながら数をこなすことによって流れるように開栓することができるようになります。

まず初めに参考として私が仕事中シャンパンを抜栓している方法です。

 

1.よく冷やしたシャンパンのキャップシールを剥がす。

※よく冷やすことによって中身が吹きだしにくくなります。

2.ボトルの口をトーションで覆い、左手親指でコルクを上から抑えながら留め金を外す。

※トーションを使用するのはコルクが飛ばないようにするためと抜栓時の音を極力するなくするためです。また、吹きこぼれた際にもスムーズに対応できます。

3.そのまま左手でコルクを抑えながら、右手でボトルの底を握りしめ、胸の前に斜めに持ち上げる。

※斜めに持ち上げることによってボトル内部の液面が広くなり、中身がさらに吹きだしにくくなります。

4.左手をコルクにしっかりと固定しながら、右手でボトルの底をまわしていく。

※ガス圧によってコルクが飛び出しそうになりますので注意しながらゆっくりとまわしていきます。

5.コルクが外れそうになったところで、左手でコルクを握りしめ、その手を左右に揺らしながら音を立てないようにコルクを外す。

※左右に揺らしながらコルクを引き上げていくことでゆっくりと音を立てずにガスを開放されていきます。

 

事前準備として必要なのは、ボトルをよく冷やしておくことと、トーションを用意しておくことぐらいでしょうか。そして背筋を伸ばし姿勢を正して作業を行うと美しく見えます。

高級シャンパンの中には冷やさないほうが香りを楽しめるものもありますので、その辺りは吹きこぼれないよう慎重に作業を行います。また、トーションはグラスに注ぐ際にもボトルの口から垂れたシャンパンを拭いたりといろいろ活躍するので用意しておきましょう。

ポイントとしては決してボトルを揺らさないことです。抜栓作業を行っているときに揺らしてしまうとコルクが飛び出しやすくなりますし、高級シャンパンの場合、澱などが沈殿しているのでシャンパンに澱が混ざってしまい、せっかく味や準備が台無しになってしまうので気を付けましょう。

慎重にと気をつけていてもコルクが飛び出してしまうこともありますので、人や物がある方角へむけないことです。しっかりとコルクを抑えていないと思わぬところで飛び出してくるので大変危険です。

 

下にサントリーワインスクエアの抜栓動画を転載させてもらいました。

こちらは机に置いたまま作業を行いますので、家庭で飲まれる際には開栓しやすい方法だと思います。

このやり方であれば誰でも気軽に開栓することができますので、慣れていない方にはオススメです。

 

 

シャンパンオープナー

続いて力の弱い女性やコルクが飛ぶのが怖いといった方にオススメなのがシャンパンオープナーです。

シャンパンオープナーがなくともシャンパンを開けることは可能ですが、慣れていないと吹きこぼしてしまったり、ボトルを揺らして澱が混ざってしまう、コルクを飛ばしてインテリアを壊してしまった、などの心配を解消できるのが利点になります。

そして、力がなくとも簡単に開けることができるので、シャンパンやスパークリングワインを気軽に愉しめる機会が増えるということも大きなポイントだと思います。

 

【ファンヴィーノ】サルート シャンパンオープナー

てこの原理を利用したオープナーです。

使い方はコルクの留め金を外し、オープナーでしっかりと固定します。そして、レバーをゆっくりと上げると、コルクが斜めにズレていき簡単に抜栓することができます。

力を入れなくても開栓でき、コルクが斜めにズレていくことで吹きこぼれも最小限に抑えられるのが利点になります。

また、しっかりとコルクが固定されているので飛んでいく心配もなく、大きさの違うスパークリングワインなどのコルクにも対応できるのでオススメです。

 

シャンパンキー

見た目の通り、コルクを挟んで引き上げる道具になります。

シンプルな見た目なのでレストランなどの業務でも違和感のないデザインです。

内側についた小さな刃でしっかりとコルクを咬み、ハンドルを握りしめてゆっくりと引き上げます。コルクを左右に揺らしながら使うと音が出にくくスムーズに抜栓できます。

 

【Pulltex】シャンパンオープナー&ストッパー

こちらは開栓と保存を一つで行えるということが特徴です。

留め金を外してオープナーをコルクに蓋をするようにはめ込むと、左右にあるシルバーの金具が盛り上がり、そこをしっかりと握ることで開栓できます。

そのままボトルの口にはめ込めるので、飲み残してしまった時など家庭で使用するのに便利でもあります。

 

 

シャンパンサーベル

champagne-opener004

サーベルを使用してシャンパンを開ける動作のことをシャンパンサーベラージュと言います。

これはボトルの口ごとカットしてしまうことで、内圧によってコルクを吹き飛ばします。シャンパンは吹きこぼれてしまいますが、とても派手な演出になりますので結婚式の披露宴や大掛かりなセレモニーでは人気があります。

 

1.よく冷やしたシャンパンを取り出し、キャップシールを少し剥がし、留め金を緩めてボトルの口の上にずらす。

※留め金をずらすことによってボトルの口に直接サーベルが当たるように調節します。

2.サーベルを持った腕が伸びきる位置になるように気持ち斜め上をむけてボトルを持つ。

※結構な勢いで飛ぶので上を向きすぎてもいけませんし、下に向けるとせっかくシャンパンがこぼれ出してしまいます。そして大事なのがサーベルで指を切ってしまわないようにボトルを持つ手の親指の位置を確認しましょう。

3.ボトルの首の流れに沿うようにサーベル2、3回スライドさせていけそうか確認する。

※確認を怠ると持ち手の位置などがずれ、必要以上に中身がこぼれてしまったり、抜栓に失敗するので必ず行います。

4.2回ほどボトルの首でサーベルをスライドさせ、3回目のタイミングで勢いよくボトルの口を切り飛ばします。

※呼吸を合わせないと失敗しやすいので慎重かつ思い切りが重要です。

 

割れたボトルの破片が中に入る心配はありませんので安心してください。この方法ですとコルクが必ず飛んでしまうので、ボトルの先を向ける方角の周囲に物や人がいないか安全確認しましょう。

 

かなり詳しい解説動画がありましたので転載させていただきます。

ポイントが簡潔にまとめられて非常にわかりやすいので参考にしてみてください。

私もイベントなどでシャンパンサーベラージュを行ったことがありますが、とても評判がよかったりもします。普段呑みなどで行うには仰々しい抜栓方法にはなりますが、ここぞという時に使用したい開け方です。

【ラギオール】アン・オブラック・シャンパンサーベル

 

 

まとめ

シャンパンの抜栓方法をご覧いただきました。

シャンパンサーベラージュほど本格的なものになりますと仕事上でもなかなか行う機会はありませんが、仕事上の抜栓方法やオープナーを使用するなど、その時々の状況に合わせて使っていただければいいと思います。

開け方に慣れるといろいろなシャンパンを飲みたくなってきたりしますので、ぜひ習得してみてください。

シャンパンやスパークリングワインの勉強 | 流しのバーテンダー