ikvwgt001

台湾といえばKAVALAN WHISKY!!

せっかくの台湾旅行、やはり海外でも蒸留所見学してみたい!!……と思い立ち、急きょ宜蘭県は金車噶瑪蘭威士忌(キングカー カバランウイスキー)まで行ってまいりました。

 

早速インターネットで情報収集!!

カバラン蒸留所へ行った方のブログなどは多くみつかりましたが、何せ初めての台湾旅行。

電車の乗り方もわからなければ、通じる言葉もよくわからない……そんな不安でいっぱいの中、カバラン蒸留所までの体験談を紹介していこうと思います!

 

地下鉄の乗り方で苦戦!?

さっそくつまずいた台湾MRT。

宿泊先が日本人街「林森北路」(リンセンペイルー)付近であったこともあり、MRTで台北バスステーションへ、そこから宜蘭県のカバラン蒸留所へむかうことにしました。

 

台北の街は都会で始めての人でもわかりやすく、MRT乗り場をあっという間に発見!!

早速、地下へおりていきます。

ikvwgt002

切符の購入はラクラク。

上部に記載されている下車駅に書いてある金額を投入。あとは画面を押すだけで……

ikvwgt003

このような乗車コインが出てきます。

ikvwgt004

今回は台北バスステーションが目的だったので、台北駅まで購入しました。

 

これを改札口に通せばあとは電車に乗るだけ……って、あれ?

ikvwgt005

この改札口ッ!コインを入れる場所がないっ!?

これはまずい……

他の改札口を確認するも、どこにもコイン投入口はなく、まわりの人もカードをタッチしていくばかり……

駅員さんを探すもあいにくと近くには見当たらず……

そんな異国の駅で途方に暮れていると、突然、後ろからッ!?

 

なんとも人のよさそうなおじさんが台湾語?とジェスチャーにて丁寧に教えてくださいました。

あぁ画面にコインでタッチすればよかったのね……

その後も親切に改札口の出方まで教えてくださって本当に謝謝でした。

 

ちなみに出るときはコインを投入すると改札口が開きます。

ikvwgt006

気を取り直して電車に乗ります。

台北のMRTは、日本の地下鉄のような感じで非常に清潔で案内板もわかりやすくスムーズに乗車できました。

 

そして台北駅に到着!

さっそく地下マップを見つけました。

ikvwgt007

なになに……台北バスステーションへむかうには、どうやらY1出口がよさそうです。

道すがらいろんなところに案内板があるので、あまり迷うことはないと思います。

 

いよいよY1出口に到着!……というところで、突然のアクシデント!?

ikvwgt008

地方から出てきたらしき大きな風呂敷?のような荷物を担いだおばあちゃんに道を訊ねられました!!

 

これは先ほどのおじさんの借りをかえすためにもなんとか案内してあげよう!そう心に誓ったはよいのですが……

このおばあちゃん、メモなどは持っている様子はなく、拙い英語で応戦してみるもまったくダメ。

せめてどこへ向かうかだけでもわかれば案内できたのですが、言葉もさっぱり聞き取れず断念。

かといってほっておくわけにもいかず、まわりはほとんど人気のない地下街……どうしようかと思案していたところ

むっくりと起き上がる人影が!

 

たまたま話を聞いていたと思わしきホームレス風?の男性がおばあちゃんに荒い言葉で道を説明してくれました。

まさかのここにて2謝謝め。

おっちゃんにお礼をいい地下の階段を上るといよいよ台北バスステーションです!!