twtprsp001

林森北路(リンセンペイルー)最寄り駅はMRT中山駅。

この通りは南京東路から長安東路まで、その道すがら、ところ狭しと居酒屋やスナックがひしめき合っています。

駐在員の方も多い代表的な日本人街です。

 

間にある何本もの通りには居酒屋やスナック、果てはキャバクラまで存在しています。

そのほとんどが台湾風ではなく、日本風。ただし、従業員の連れ出し可など、内情が違うお店も結構あります。

twtprsp002

少し見づらいですが日本語の看板も結構ならんでいます。

日本人スタッフや日本人経営のお店も多く、台北初めての夜遊びが不安という方にはとてもオススメです。

イメージはまさに日本の歓楽街。

日本語で呼び込みが声をかけてくる、表看板のメニュー表までもが日本語表記、ビル内の店づくりまで似通っている気がします。

 

あ、でも台湾系のお店ももちろん沢山ありますよ。

twtprsp003

屋内店舗だけでなく屋台も多いので、気軽に台湾料理を楽しめます。

道行く人たちを観察しながら、屋台で台湾の夜を満喫する、というのもありかと思います。

 

この林森北路。

日本統治時代から続く日本人街であり、通りの名前も五条通、六条通など当時の名残があります。

その中でも古くから出店されているバーがあります。

レストラン・バー「藤」

マスターは北海道出身のバーテンダー。

店内には、ところ狭しとミニボトルや小物、ボトルキープなどが並びカクテルやウイスキーが愉しめます。

twtprsp004

日本ではあまり見かけなくなった、昭和の匂い漂う、懐かしいバーです。

ステーキやポテトサラダ、日本の漬物や小鉢料理なども愉しめ、往年からのバーファンも満足できると思います。

マスターも気取らない気さくな方で、日本人客も多く、海外で不安になったとしても安心して夜の街を愉しめるお店です。

 

初めての海外の夜の街やバーデビューなど、まずは林森北路に繰り出してみてはいかがでしょうか?