shnhykr001

永康路(ヨンカンルー)

それは、プラタナス並木にレンガ造りの文化財住宅がならぶ美しい旧フランス租界の中にあります。

お昼の内に、中国とはまた違う異国情緒を味わうのも楽しいですが、夜に訪れるのも新たな顔が発見できることでしょう。

なぜかというと、夜になるとこのあたりは盛況なバーストリートへと変貌をとげるのです。

 

上の写真は地下鉄「陝西南路」を出たところにある淮海中路(ワイハイジョンルー)。

ここは最新のショッピングモールやデパート、老房子と呼ばれる西洋と中華の融合した建物が入り混じったトレンド発信地です。

shnhykr002

ここから南にむかって歩き、さらに復興中路を越えしばらくすると、永康路にたどり着きます。

 

綺麗にライトアップされた淮海中路の街並み。こちらでウィンドウショッピングや食事の愉しいひとときを。

深夜になると喧噪もひと段落し人通りも少なくなります。

しかし、奥の永康路にむかうと……

shnhykr003

人、人、人!bar、bar、bar!!

これまで様々なバーストリートを訪れてきたつもりでしたが、ここまで凄いものは初めてみました。

右も左もバーだらけ、写真の奥までところ狭しと、バーと人がひしめき合っています。

店先から飛び出したオープンテラスのバーには、ビールやカクテルを片手に欧米人たちの団体があふれ出し、喧噪やクルマも騒がしいですが、何より熱気!!

中国という大陸の広大さを思い知らされます。

ここはもはやバーストリートとしか表現できません。

基本的にはカジュアルなバーが多い印象ですが、少し先まで歩けばミクロソジーバーやお寿司屋さんなどもあります。

 

さりとて中国、路の間には……

shnhykr004

このように屋台までもがそろっております。

何もかもが渾然一体、これが魔都上海を代表するバーストリートと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

途中、抜けてきた復興中路を東に進むと

shnhykr005

海外を意識した日本人バーテンダーなら、ほとんどの方がご存じだと思います、スピークイージー。

Speak Low Shanghai(スピーク・ロウ)

上海、夜の街の喧噪に疲れたら、優雅な空間、繊細なカクテルでちょっと一休み、なんていうのも悪くないんじゃないでしょうか。

 

少しあたりを散歩してみれば

shnhykr006

夜の公園にはダンスを踊る現地の方々。夜遅い時間になっているにもかかわらず、皆さんの憩いの場所になっているのが素敵ですね。

 

巨大な中国、その中でも西洋と中華が入り乱れた広大なバーストリート。

ひとつ街で様々な顔が愉しめる永康路。これぞ、バーホッパー冥利に尽きる街ではないでしょうか?