shnhtsd001

アートにファッション、デザイナーズグッズ。中国らしいお土産から、こだわりの料理まで。

一流有名店はありませんが、その分、カフェからバーまで一日中気軽に楽しめるリノベーションスポット田子坊(ティェンヅファン)。

 

地下鉄「打浦橋駅」から出てすぐ目の前、泰康路(タイカンルー)の裏路地には、フランス租界の名残りを残すレンガ造りの住宅街が。

そこにはオシャレな若者や多くの観光客が集まる田子坊があります。

 

まずは、打浦橋駅に直結した日月光中心広場というショッピングモール。

ここにはコスメやファッション、フードコートなどもあり観光客でも気軽に訪ねられます。

shnhtsd002

写真はスパイシーな羊の串焼きです。日本で食べる焼き鳥の三倍ほど長さがあります。

その他にも、話題の干鍋や生煎、ベーカリーからスイーツ専門店。マクドナルドやケンタッキー、牛丼のすき家や丸亀製麺のうどんなどなど、外資や日系企業も目立っています。

一番印象深かったのはモンゴル料理専門店でしょうか。

こちらは店舗でしたが、さすがは食の都上海、どんな料理も取りそろえております。

 

このように多彩な種類の料理とお手軽さ、旅先にあっては結構ありがたい存在です。

ここで軽くお腹を満たし、田子坊にむかうのもよろしいかと思います。

 

では、いよいよ田子坊に参りましょう。

shnhtsd004

ご覧のとおり、街並みだけでも十分にオシャレな田子坊。

アーティスティックな雑貨屋さんからブティック、中国茶道具や紅茶屋さん、なんでもござれです。

その中でもカフェやレストラン、バーなどが際立って多く、オープンテラスで小休止しながら街ゆく人々を観察するのも楽しいひと時になります。

 

レストランはイタリアンを始め東南アジア料理や和食が多いので、軽くワインやビールを味わえるのがいいですね。

shnhtsd003

外に張り出したカウンター席やテラス席、オープントップな二階席などを気軽に立ち寄れます。

 

少し奥まったところですと何軒かカクテルを売りにしたバーもあります。

オープンテラスはちょっと……という方は探してみてください。

shnhtsd005

レンガ造りの街並みの散策やオシャレな雑貨屋さんめぐり、疲れた身体にカクテルや水タバコで一服。

そうそうグリューワインがオススメの店もありました。

こういうところもこだわりを感じますね。

 

夜になるとまた表情を変えるので、お昼のうちはゆっくりとお店をまわることができます。

あるいは、せっかくなので上海らしい食事をしたいというのであれば、夜は移動するのがよろしいかと。

雰囲気を楽しめる方はグー。

 

色とりどりのアートたちに囲まれながら、グラス片手におしゃべりする。

なんていう楽しみができるのが、田子坊の魅力かと思います。