hngkngshrnk001

欧米風のレストランやバーが建つ並ぶこの光景はここがアジアだということを忘れさせてくれます。

道端には白人たちが溢れ、狭い坂道を登れば幾重にも瀟洒なカフェやレストランが軒を連ねています。

映画にも出てくるオシャレな街並みは、中国とは思えません。まるでヨーロッパに迷い込んでしまったかのようです。

国際色豊かな香港にあって蘭桂坊(ランカイフォン)は、もっとも欧米的なバースポットではないでしょうか。

欧米人で賑わうナイトスポット!!蘭桂坊

hngkngshrnk002

香港のナイトスポットといえば、まず最初に挙がるのが蘭桂坊。それほど有名なエリアになります。

徳己立街(Dagular St)という狭いストリートに囲まれた小さな場所ですが、蘭桂坊を中心にバーやクラブがところ狭しとひしめき合っています。

MTRセントラル駅から歩くとすぐに到着です。しかしながら、香港島は急勾配の坂道が多いので、体力に自信のない方は果てしない距離があるように感じるかもしれません。

hngkngshrnk008

蘭桂坊には有名なハードロックカフェもあり、目印には最適です。

近くには外国人記者クラブや外資系の企業が多く、欧米人でにぎわいを見せています。仕事帰りにふらりと立ち寄る姿も。

一帯にはオープンテラスなバーやカフェがほとんどで、お昼からアルコールを嗜んでいる方もよくみかけました。

半面、地元香港の方たちが少なく、スタッフにも白人が目立ちます。広東語よりも英語のほうが多く使われている、というのが印象的です。

hngkngshrnk003

香港のバーの嬉しいところはハッピーアワーという制度があるところです。

これはお昼の15、17時辺りから20時くらいまで続く割引制度です。

ビールやカクテルの半額キャンペーンやワンドリンク無料サービスなど、お店によって異なります。それであってもバーホッパーとしては嬉しいかぎりです。残りのお金をあまり気にすることなく、思う存分にバーホップすることもできます。

hngkngshrnk004

有名なレストランバーの撮影風景。ちょうど通り沿いで行っていました。

 

路地裏までバーやカフェが浸透していますが、蘭桂坊はどちらかというとビール片手にオープンテラスでワイワイお酒を愉しむといった欧米スタイルの呑み方が定着しています。

賑やかしいお店が多いですが、はやい時間ですと、本を片手にアルコールを嗜む白人の姿なども見かけることができます。

この街が香港の文化に溶け込んでいる一旦を見ている気がしました。

SOHO

hngkngshrnk005

ニューヨークやロンドン、最先端でアーティスティックな街のことはソーホーと呼ばれる傾向があります。

元々ニューヨークにあったハウストン通り南(South of Houston Street)の略称で、クリエイティブなデザイナーやアーティストたちが空き家や倉庫などを中心に流行の発信地として発展していった街の名前から来ています。

伊利近街、卑利街、士丹頓街。この三つの通りが交差するエリアは香港のソーホーと呼ばれています。

また、蘭桂坊からも近く、歩いていくことができます。有名なヒルサイドエスカレーターを使えば、MTRセントラル駅からもすぐに到着します。

hngkngshrnk006

ヒルサイドエスカレーターの下にもいろいろなお店があります。飲食店も多数ありました。

 

この界隈には世界的トップミクソロジストの一人、アントニオ氏が手掛けるQuinary(クイナリー)があり、そこを筆頭にレベルの高い店が多いように思います。

ミクソロジーなどの最先端カクテルを味わうことはもちろんですが、ウイスキー好きな方なども愉しむことのできるスポットじゃないかと思います。

hngkngshrnk007

蘭桂坊などと比べると比較的静かに落ち着いて呑まれる方が多く、ゆったりとお酒を味わうことができます。

しかし、客層は欧米人が圧倒的に多く、香港の方をあまりみかけないというのは変わりません。

香港にあって香港ではない……不思議な空間です。

客層から技術、演出なども申し分のない店も多く、香港島の夜のバーめぐりを、きっと満足させてくれることかと思います。


 

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

 

 

今回の旅は2015年8月のものです。現在とは情報が異なっているかもしれませんので、ご了承ください。

★海外へ行くなら持っておきたい、おすすめのカード