blgoknwndmkks1622001

那覇にある国際通りをちょっと中に入ってみると、すぐに辿りつくことができる第一牧志公設市場。

沖縄グルメとして海鮮ものを食べたいのであればこちらは外せないスポットですね。

 

一階にはヤミ市場から続いている豚や魚介類、海ブドウやお土産が揃うなんでもありの市場になっており、二階にある食堂へ上がっていくと食事はもちろん、下の市場で購入した新鮮な素材を調理してくれるのです。

これは行ってみるしかありませんよね。

沖縄の海の台所

blgoknwndmkks1622002

さすが沖縄。さっそく色とりどりの魚たちが出迎えてくれます。

このようにずらりと何列にもお店が並んでおり、見ているだけでも楽しくなってきます。

まわりには同じような観光客がたくさんいました。それと米軍?でしょうか、オフの日の若い兵士の姿も見かけられます。

本州では見かけることのない、テレビでしか観ることのないような魚たちを眺めていると時間が経つのも忘れてしまいます。

 

そして当然、沖縄といったら豚料理も有名ですよね。

blgoknwndmkks1622003

この顔!やばいです。

ミミガーだけでなく顔の皮ごと売っているんですか。すっごいインパクト。

しかも足まで一緒に置いてあります。一瞬、ここが日本であること忘れてしまいそうになります。

 

このようにブラブラするだけでも楽しいところですが、今回のお目当ては沖縄の海鮮料理です。しかも食堂で食べる!

おっ!マングローブガザミやセミエビを発見!!これは食べてみたかったものの一つです。

blgoknwndmkks1622004

一匹売りで交渉してみます。

やはりそれなりのお値段はしますね。ちょっと手がでません。

悔しいですが、ここは予算オーバーということで諦めました。

 

その変わり写真に写っている大きな貝、夜光貝を購入です。

すべてが大きいのでわかりずらいですが、本州の貝と比べるとかなりのビックサイズです。18cmくらいあったかな。

でも、さすがに食べるところはそこまではないとのことでした。そりゃそうですよね。

 

夜光貝と書いてヤコウガイと読みます。名前の由来は屋久島のヤクが変化してヤコウになった説があるのだとか。あと、貝自体は光ったりしないそうです。残念です。

教えてもらったオススメの食べ方は刺し身やバター炒め。

市場で購入した食材は二階で調理してくれるので助かります。500円で三種類くらいの料理を造ってくれるそうです。

 

さらに上質なアオブダイを購入するためにいろいろと探しまわってみます。

沖縄の方言ではイラブチャーと言うみたい。いっぱい書いてありました。

このアオブダイはとても青くて怪しいフォルムなのですが、沖縄へ来たら絶対に食べてみたかった食材の一つなんです。

私は港町の出身なので魚料理は大好きなんですが、こいつに関しては味の想像がまったく思いつかなかったんですよ。テレビではよく観るんですけどねー。

 

さて、購入したアオブダイはお刺し身と素揚げでいただくことにしました。お店のおばちゃんが二階の食堂へ連れて行ってくれます。

どうやら店舗によって提携しているところがあるんですね。

 

二階に上がると食堂らしき店がたくさんありました。

blgoknwndmkks16220005

いや、道頓堀って……

まぁ細かいことは突っ込んだら負けですね。

 

席に座ると、ここはまったく普通の食堂です。すいぐんと開放的ですけどね。

下で購入した魚を調理してくれるので問題ないのですが、なんだか勝手に座っているような気がしてきます。オリオンビールを片手にメニューを見ていたら、沖縄の県魚「グルクン」の定食があったのでついでに頼んでしまいました。

 

ちびちびとオリオンビールを呑んでいると、一階のお店のおばちゃんが刺し身を持ってきてくれました。

blgoknwndmkks16220006

なんかすっごいゴージャスになってませんか?

夜光貝とアオブダイを購入しただけだったのに、おまけで海ブドウとイカまでつけてくれました。

いやぁ値切り交渉していたのが申し訳ないです。おばちゃんに感謝です。

 

それではさっそくお目当てのアオブダイをひと口。

あー。

噂通り水っぽいかも。ついでに味も締まりがない感じでした。

湯引きしてある皮は好きかもです。

酢味噌につけて食べるといい感じになってきました。やっぱりこういう薬味は大事ですよね。

 

夜光貝もひと口いただきます。

こっちは普通においしい。安いわりにボリュームあるのでお値打ちです。

バター炒めもやってきたので、そっちとも比較してみます。

blgoknwndmkks16220007

ネギと合わせると美味しい。

お刺し身もいいですけどこちらも捨てがたいですね。

ビールのおつまみに最高です。

 

そしていよいよグルクン定食も登場します。

ちょうどご飯が欲しかったんですよね。グッドタイミングです。

blgoknwndmkks16220008

写真を撮る前にフライングしてしまいました。

ちょっと骨が多いけどから揚げいいですね。しかも御飯と味噌汁以外にも小鉢がついてお買い得。

 

ちょっと頼みすぎたかな?っと考えているところにまさかのもう一品。

 

忘れてました……

blgoknwndmkks16220009

アオブダイの素揚げの存在を……

 

魚の揚げ物と揚げ物がかぶってしまいました。

まぁ考えていても仕方がありません。気をとりなおして食べてみることに。

 

見た目は不気味なくらい鮮やかな青色でしたがもはや面影もありません。皮の感じでアオブダイと認識できるかな。

ひと口頬張ってみます。

皮はサクッ!中身はベチャッ!

不思議な食べ物です。初めて食べる食感ですね。

食卓に置いてあった醤油を少しつけると好みの味になりました。なんとなくシャコっぽいかも。

お刺し身よりこっちのほうがいいですね。マース煮も興味ありますが。

 

かなりお腹いっぱいになりながらもなんとか完食。ごちそうさまでした。

満足しました。

国際通りからもほど近く、気軽に寄れて尚且つお値段もいいので次回も行ってみたいですね。

最後に一階でお土産を物色しながら国際通りを散策していきます。

沖縄で海鮮っていうのもなかなかおもしろいです。

 

沖縄観光にはお酒もオススメですよ。

真冬でも暖かいところでビールが呑みたい!!オリオンビール工場見学 | 流しのバーテンダー

首里城ついでに泡盛も呑める!瑞泉酒造 | 流しのバーテンダー