blg710tobicho001

江の島名物と言えば「しらす丼」

江の島界隈にはしらす丼を始めとした海鮮丼のお店が多々ありますが、中でも今回は「しらす問屋とびっちょ」で昼食をとることにしました。

トップの写真に写っているのは表参道店の方になりますが、実際にお邪魔したのは本店の方になります。

blg710tobicho002

生憎の雨模様でしたので、人だかりが多く写真がとれず終いになってしまいました。

営業時間にはまだ早い時間だったので、江の島神社を参拝しながら時間をつぶすことになりました。

しらす問屋とびっちょ

しらす漁は1月から3月中旬にかけて禁漁になっているので、新鮮な生しらすを食べる場合にはこれ以外の時期に訪れましょう。

営業時間は11:00~21:00の不定休。

江の島の駐車場からも近いのでランチにふらりと食べにいくのもアリだと思います。

もう一つの名物海鮮かき揚げ丼

江の島散策も終了して、とびっちょ本店が営業を開始する時間になったのでさっそく向かいました。するとそこにはすでに人だかりが。

これは出遅れてしまったかと思い、受付用の発券機に人数と希望の席を打ち込みます。

blg710tobicho003

こちらの写真でご覧のとおり、まだ営業時間前ですが当日予約を行うことが可能です。時間のある方は絶対に受付を行うようにしましょう。

出てきたチケットはこういう感じでした。

blg710tobicho004

QRコードを読みこむと入店間近にお知らせメールが届く仕組みになっています。30分以上経過するとキャンセル扱いになってしまいますので、時間は守るようにしましょう。

予約はこれ以外にも「EPARKファスパ」というインターネット上のファーストパスのようなシステムにも対応していますので、営業時間ギリギリに到着予定の方はそちらを活用するとスムーズに入店することができます。

何とか一桁台をゲットできましたので、しばし店舗前にて時間をつぶします。

blg710tobicho005

店舗前にはしらすの釜揚げや佃煮などお土産も充実していました。

食事をせずにこちらだけ購入して帰ることも可能になっています。

blg710tobicho006

順番待ちをしている間にしらすパン片手に缶ビールやチューハイで乾杯することもできるようでした。この後の食事を楽しみにしていましたので今回は遠慮しました。

 

ようやく時間になるとスタッフの方から説明があります。

第一組としてEPARKファスパの方優先で予約番号が10番まで入店することができました。

店内は二階建てになっており、窓側の席に案内されます。

blg710tobicho007

待ちくたびれたこともあってとりあえずビールで乾杯。とは言っても私は運転手でしたのでノンアルコールビールでしたが。

店頭に並んでいたしらす豆腐などもおつまみとして注文できるようです。

blg710tobicho008

バリエーションもあっていい感じです。しらす尽くしですね。

本日は雨のためしらすが獲れなかったそうなので、生しらす丼ではなくしらすのかき揚げ丼を注文することにしました。

少し残念でしたがこちらのしらすかき揚げ丼も名物だそうです。

blg710tobicho009

そうこうしている間にオススメの魚のあら汁が出てきました。

こちらは20杯の限定。大き目の魚が三種類ほど入っており、味わいも濃厚で食べごたえがあります。

 

生しらす丼が食べられなかったので卓上に置いてあった生しらす丼の食べ方のホップを見てみます。

blg710tobicho010

生たまごに特製のポン酢を敢えていただくようですね。

地元では生しらすが手に入らないので釜揚げで一度行ってみることにしましょう。

 

そしていよいよお待ちかねのしらすかき揚げ丼が到着しました。

blg710tobicho011

で、でかい。

器からはみ出しています。

朝から何も食べていなかったこともあったのでかき揚げ二枚のせは無謀でした。

一応スタッフの方から食べられなかったらお持ち帰りもできると教えてもらいましたが、ここは気合いを見せるしかありません。

別の角度からもう一枚。

blg710tobicho012

ノンアルコールビールの小瓶との比較ですが、かき揚げ一枚がそれに近いくらいの大きさがあるかも……。

以前沼津でいただいたかき揚げ丼も縦に大きかったですが、こちらはシンプルに厚みと幅が巨大化しています。

魚河岸丸天!静岡県沼津で仰天のかき揚げ丼!! | 流しのバーテンダー

最近のかき揚げ丼業界に恐怖を感じます。

こちらもインパクトではまったく引けをとりません。

さっそくかき揚げをいただくと厚みのあってとてもボリューミー。具材もふんだんに使用されています。

blg710tobicho013

中をめくってみるとかき揚げの下には野菜が敷き詰められており、ちょっとだけヘルシー感もあります。マヨネーズがかかっていましたが。

頑張って完食を目指しましたが、残り一枚の三分の一というところでギブアップしてしまいました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。これからは無謀なチャレンジはせずにいただくことにします。

 

食事を終えて店舗から出ると外にはまだ人だかりができていました。ギリギリ整理券をとれたのは運がよかったみたいですね。やはりはやめに予約チケットを獲得するのが吉かと思われます。

blg710tobicho014

店舗前でお土産を物色していたところ変わったビールを発見。

その名も「しらすビール」

江の島ビールと共にならんでいましたが、こちらを購入して帰りました。

なんでもとびっちょのオリジナル商品だそうです。店内でもこのしらすビールのノンアルコール版がいただけるということでしたので、そちらを注文すればよかったと少し後悔。

しかし、家に帰ってからの楽しみができました。

今度は自家製しらす丼と共にいただいてみたいと思います。

江の島の生しらす丼もいいですが、ガッツリ食べられる自信があるのならかき揚げ丼もオススメです。

 

鎌倉・江の島 (楽楽)

≪国内旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら