christmas-champagne

クリスマスも間近になり、街にはイルミネーション、所々でクリスマス特集も始まりクリスマスの雰囲気を感じるようになってきましたね。

オシャレなレストランでのデートや夫婦でまったりと自宅で豪華なディナー。そのような時にはシャンパン片手に優雅な食事を楽しみたいものです。

でも、せっかくのクリスマス。そのテーブルに並んだのがスパークリングワインでは格好がつきませんね。

シャンパンとスパークリングワインってどう違うの?

このシャンパンの銘柄はどんな由来があるの?

という、ちょっとした蘊蓄でも語れるようになれば立派な演出の一環になります。

そこで今回はレストランや自宅で話せるちょっとした蘊蓄を踏まえて、保存方法や必要な道具、おすすめのシャンパンを定番のロゼから甘口、高級シャンパンに渡ってご紹介したいと思います。

 

 

シャンパンとは?

シャンパンとスパークリングワインの違いって何?

意外と知っているようで知らないシャンパンとスパークリングワインの違い。

あなたははっきりと答えられるでしょうか?

 

簡単に説明をするとシャンパンというものはスパークリングワインの一種にあたります。

・スティルワイン(非発泡性ワイン)

・スパークリングワイン(発泡性ワイン)

・フォーティファイドワイン(アルコールを添加したワイン)

・フレーバードワイン(香辛料や甘味などを加えたワイン)

ひと口にワインと言ってもこのような大きな区分が四つあり、シャンパンはこのスパークリングワインの一つとして挙げられます。

そしてシャンパンと呼ばれていますが、正確にはシャンパーニュと言います。フランス語のシャンパーニュのことを英語ではシャンパンと発音するので、どちらも間違いではありません。

定義としてはフランスのシャンパーニュ地方で伝統的製法に基づいて造られたスパークリングワインのことをシャンパンと呼んでいます。

なのでシャンパーニュ地方以外でシャンパン製法において造られたフランスのスパークリングワインはクレマンと呼ばれますし、有名なところではスペインのカヴァ。この他にもイタリアのスプマンテやドイツのゼクトなどがスパークリングワインの一種として生産されているのです。

 

甘口のシャンパンとは?

シャンパンは瓶内二次発酵により残っていた糖分をすべてアルコールに変えてしまいます。なので、そのままの状態では極辛口のシャンパンしか存在していません。

しかし、世の中を見渡せば甘口のシャンパンというものは存在しています。

それは一体どういうことかというと、瓶内二次発酵が終わり、澱引きを行った糖分のまったく入っていないシャンパンは瓶内の分量が目減りしてしまっています。この目減り分を補うために、門出のリキュールと呼ばれる蔗糖を同質のワインに溶け込ませたものを加え、最終的な仕上がりの甘さを調節しているのです。

シャンパンのラベルを確認してみるとこのような表記をご覧になれると思います。

BRUT(ブリュット)辛口

SEC(セック)中辛口

DOUX(ドゥー)甘口

この三つを基本としてシャンパーニュ地方では甘辛度を7段階に設定しています。

BRUT NATURE(ブリュット・ナチュール)3g/l以内
EXTRA BRUT(エクストラ・ブリュット)0~6g/l
BRUT(ブリュット)15g/l以内
EXTRA SEC(エクストラ・セック)12~20g/l
SEC(セック)17~35g/l
DEMI SEC(ドゥミ セック)33~50g/l
DOUX(ドゥー)50~

この表の右側の部分は門出のリキュールの量を表しています。つまり、この表記を確認すればシャンパンの甘辛度を調べることができるということになります。

 

 

自宅でシャンパンを楽しむときの準備や道具

さて、シャンパンを購入したからと言って安心してはいられません。

レストランで味わうのなら問題はありませんが自宅でシャンパンを開けるとなるとちょっとした準備が必要になってきます。

ワイン全体に言えることですが、適切な管理は美味しくワインを味わうための秘訣でもあります。しかし、自宅で本格的なワインセラーを導入するというのは難しく、、クリスマスのためにわざわざ購入するというのも現実的ではありません。

そこでシャンパンの保存や提供について簡単なアドバイスをしていこうと思います。

 

シャンパンの保存

シャンパンの保存において重要なのは下の三つになります。

暗所であること

振動がない

保存に適した温度であること

高品質なワインセラーであればこの条件は完全に満たしていますので何も問題はありません。ワインセラーのような環境を家庭内で探そうとすると冷蔵庫が一番適任です。もしも、冷蔵庫で保存が難しい場合は押入れなどの暗所に保管しておきましょう。

購入したシャンパンを一か月ほど保存しておきたい時は、冷蔵庫にある野菜室などに横向きに保管します。横向きに置いておく理由はコルクをシャンパンに触れさせておくことで乾燥を防ぐためです。

そして開栓する数時間ほど前から、今度は通常の冷蔵庫で縦置きします。短期間保存したい場合も始めから縦置きで問題ありません。縦置きに変更する理由は澱を沈殿させておき、グラスに入ることを防ぐためです。

理想的な保存温度は

長期保存するなら10~12℃

すぐに開栓するのであれば4~6℃

になります。

いずれにしてもクリスマスのようなイベント用に保管しておく場合の話ですので、高級シャンパンを何年か保存したいという場合はいっそのことワインセラーを購入してしまいましょう。

 

 

揃えておきたい道具

正直なところシャンパンとグラスがあれば何も問題はありませんが、それでもちょっとした小道具があればクリスマスの夜などは大いに盛り上がると思います。

そこで今度は役に立ちそうなグッズについてです。

 

シャンパングラス

Stolzle シャンパングラス 「ラムール ハート」 ペア レッドハート

せっかくシャンパンを用意しても、これがなければ雰囲気がでませんよね。どうしても手に入らなかったという時は白ワイン用のグラスで代用しましょう。

 

シャンパンクーラー

SALUS アクリル ワインクーラー ウェーブ

開栓したシャンパンを美味しく飲むための必需品。水と氷を入れるのを忘れずに。

 

アイスクーラー

ルクルーゼ アイスクーラースリーブ WA126 ブラック 59142-01-00 【日本正規販売品】

シャンパンのラベルが水に濡れてしまうのが嫌だという方にはこちらのアイスクーラーがオススメです。ただし雰囲気は少し損ねるかもしれません。

 

シャンパンオープナー

ファンヴィーノ サルート シャンパンオープナー 8540

力のない女性でも簡単にコルクが開けられるように造られたシャンパン専用のオープナー。これさえあればコルクが飛び出したりすることもありません。

 

シャンパンセーバー

VACUVIN シャンパンセーバー

開栓したシャンパンをそのまま放置しておいたのでは、せっかくの香りや泡が抜けていってしまいます。最後までシャンパンを味わいたいのであれば必須ですし、翌日も残ったシャンパンを愉しめます。

 

 

クリスマスにぴったりなおすすめのシャンパン

定番のクリスマス用シャンパン
【ヴーヴ・クリコ】 ローズラベル

鮮やかなサーモンピンクのシャンパンは二人きりの夜を盛り上げてくれる大切な小道具。

世界で初めてロゼを造りだしたヴーヴ・クリコは伝統的なイエローラベルの製法に基づき、ピノ・ノワールからできた特別な赤ワインをブレンドしています。

イチゴなどのベリー系の赤い果実のアロマに、アプリコットやアーモンドを加えたパイ生地の香ばしさ。ほんのりとした甘さが感じられるバランスのとれた仕上がりです。

☑ワインのタイプ/辛口、ロゼ

☑ブドウ品種/ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

☑相性のよい料理/

 

【テタンジェ】ノクターン スリーヴァー ロゼ

ショパンの楽曲としても有名なノクターン(夜想曲)。まさにナイトパーティーにはうってつけのネーミングとエロティックな大人の夜の雰囲気がうまく表現されたボトルデザインはクリスマスのような特別な夜の演出にはピッタリです。

重厚で華やかな色調のピンク色のシャンパンは、パティスリー(焼き菓子やケーキ)を連想させるアロマとコク。そこにシャンパンならではのみずみずしさと切れ味を兼ねそなえています。

伝統と先進性を併せ持つテタンジュならではの一本です。

☑ワインのタイプ/やや辛口、ロゼ

☑ブドウ品種/シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ

☑相性のよい料理/食前、食後、フルーツやチョコレート菓子

 

甘口のシャンパン
【モエ・エ・シャンドン】ネクターアンペリアル

黒を基調とした大人のデザインはクールに決めたい夜には抜群の相性です。

パイナップルやパッションフルーツを思わせるトロピカルなアロマにバニラやシナモンのような甘いスパイスのフレーバー。ジューシーな果実の味わいに上質な熟成感なうまくマッチしています。

いつものモエ・エ・シャンドンからは想像できない意外性の中から、しっかりとした一流シャンパーニュ・メゾンの伝統がうかがえる逸品。

☑ワインのタイプ/甘口

☑ブドウ品種/ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネ

☑相性のよい料理/フォアグラやパテ、ブルーチーズ、アップルパイ

 

【ヴーヴ・クリコ】ホワイトラベル

ヴーヴ・クリコが送り出すホワイトラベルは甘口シャンパンの中でも定番のボトル。

清楚な印象のホワイトのラベルは雪の降る寒い夜をロマンティックに演出してくれます。

シャンパンの繊細な泡立ちの中には、完熟した濃厚な果実のような自然な甘さが広がります。そこにシルクのような優しい口当たりと爽やかな柑橘系の風味が心地よく交わり、辛口のシャンパンが苦手という女性にも人気が高いのが特徴です。

デカンタージュをして香りを惹きだし、クリスマスケーキなどと共に味わうのがオススメ。

☑ワインのタイプ/甘口

☑ブドウ品種/ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネ

☑相性のよい料理/デザート全般

 

ちょっとハメを外して飲みたい高級シャンパン
【モエ・エ・シャンドン】グラン・ヴィンテージ ロゼ 2008

天候に恵まれ抜群に品質よいブドウが収穫された年だけ生産されるグラン・ヴィンテージ。2008年はモエ・エ・シャンドン史上41番目のヴィンテージ・ロゼにあたります。

鮮やかな濃いピンク色の輝きからは、ローズやサンザシの花のような魅惑的な香りに、ラズベリーやブラッドオレンジのフルーティーなニュアンス。そして完熟したイチゴやカシスの味わい。酸味もしっかりとしており後味はグレープフルーツのような爽快さがうかがえます。

定番のモエ・エ・シャンドン・ロゼでは物足りないという相手に飲ませてあげたいグラン・ヴィンテージ。ワンランク上のシャンパン・ロゼです。

☑ワインのタイプ/辛口、ロゼ

☑ブドウ品種/ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

☑相性のよい料理/鴨肉のグリル、ローストビーフ、ベリー系のデザート

 

ドン・ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2004

ドンペリ・ピンクやピンドンと呼ばれることのあるドン・ペリニヨン・ロゼ。その呼び名が示すとおり一般的にもっとも知名度の高い高級シャンパンではないでしょうか。

定番中の定番と言えど、このドン・ペリニヨン・ロゼを呑まれた経験のある方はとても少なく、また高級シャンパンとして誰もが知っている銘柄なのでわかりやすく高級感を演出してくれます。

野イチゴやカシスのアロマ。そこからブラッドオレンジやカカオがほんのり漂います。ベルベットのように滑らかな舌触りにタンニンと熟成した果実、コクと奥行きのある上等な味わいが楽しめます。

また、飲み終わった後のボトルは記念として飾られている女性も多く、人気と信頼で裏付けられたシャンパンと言えます。

☑ワインのタイプ/辛口、ロゼ

☑ブドウ品種/シャルドネ、ピノ・ノワール

☑相性のよい料理/生ハムやスモークサーモン、ポークロティ、リンゴのバターソテー

 

【ペリエ・ジュエ】ベルエポック 2007

アール・ヌーヴォーの優美な白いアネモネの花が印象的なペリエ・ジュエのベル・エポック。このエミール・ガレが描いた白いアネモネの花はシャルドネの持つ繊細さを表現しています。

洋梨や桃の白い花を連想させるアロマに、ハチミツやアーモンドミルクのようなほのかな味わいが感じとれます。そして白い果実やベルガモットなどの柑橘類の風味がシャルドネの持つ軽やかさと繊細さをうまく表しており、フルール・ド・シャンパーニュ(シャンパンの華)という名にふさわしい仕上がりとなっています。

パリのもっとも華やかな時代(ベル・エポック)を象徴したペリエ・ジュエ・ベル・エポックは、英国ヴィクトリア女王やモナコ大后妃のみならず、世間の女性にも愛されるシャンパンとなっています。

☑ワインのタイプ/辛口

☑ブドウ品種/シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ

☑相性のよい料理/食前酒、ホタテのカルパッチョ、冷製の魚介料理

 

アルマン・ド・ブリニャック ドゥミ・セック

スペードのエースがトレードマークの世界のセレブたちご用達。最上級でありながらも最先端という非常に評価の高いシャンパン。

オスカー賞やメジャーリーグのゴールデングローブ賞受賞者にも贈呈されている銘柄で、ビヨンセやJAY-Zなどアメリカのセレブの間でも常に話題に事欠かないシャンパンがこちらになります。

味わいも世界的にも唯一シャンパンだけを扱った専門誌「FINE Champagne Magazine」にて2010年には他のシャンパンを抑えてNO1シャンパンという評価を獲得。確固とした地位を確立しました。

地中深くに掘られたセラーにて6年間熟成されたドゥミ・セックは、もともと現地のシャンパン・メゾンを訪れた人しか呑むことのできなかったほどの希少なシャンパン。

グレープフルーツやハチミツ、コンポート、焼き菓子のニュアンスに、ほんのりとした甘さを伴った洗練された味わい。

クリスマスだけと言わずゴージャスに決めるならこの一本で決まりです。

☑ワインのタイプ/甘口

☑ブドウ品種/ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ

☑相性のよい料理/フォアグラ、香辛料を利かせた料理、チーズ、フルーツ

 

 

まとめ

今回はクリスマスについてのシャンパン特集でしたが、クリスマス以外のイベントでも充分に活用していただける内容になっています。

初めてシャンパンを飲まれる方からワンランク上を目指す人まで。気軽にシャンパンを愉しみましょう。

それでは、美味しいシャンパンで素敵な夜をお過ごしください。