2008年から発売されたサッポロ・クラシック富良野VINTAGE。

今回は2016年ヴィンテージです。

こちらの製品は通常のサッポロ・クラシックと同様に北海道限定となります。そして8月に収穫した富良野産のホップを使用することによって、サッポロ・クラシック春の薫りやサッポロ・クラシック夏の爽快などと合わせて季節ごとの味わいを演出する一環として2016年10月18日に発売されています。

原材料は麦芽、ホップ。特にホップは富良野産の生ホップを使用しているということと、ホッホクルツ製法と呼ばれるドイツ古来からの高温短時間製法によって麦芽が仕込まれているということです。

アルコール度数は5%。非熱処理の生ビール。

モコモコとした頑丈な泡。いつまでたっても消えません。

香りはホップが主体です。やはり摘みたて生ホップというところが効いています。

非常にフレッシュなホップ味わい。少々青臭さを感じなくはないほどの濃厚なホップのフレーバー。それを中和するようなほのかな甘味が続き、これがサッポロ・クラシックであるということを思い出させてくれます。

サッポロ・クラシックを飲み慣れた方にはとても面白い作品だと思います。国内でも非常に珍しいホッホクルツ製法を使用しているということと、ヴィンテージごとの富良野産ホップの違い。いろいろと多面的に愉しめる部分が多く、見る者によって表情豊かなビールです。惜しむらくはサッポロ・クラシックの例に漏れず、富良野ヴィンテージも道外では手に入りにくいということでしょうか。

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

全国のブルワリーめぐり 北海道 ・サッポロビール北海道工場 関東地方 東京都 ・ヱビスビール記念館 神奈川県 ・・・