凛とした静かな冬の夜にひとり、想いを馳せながらゆっくりと楽しめるビール。

2016年12月6日から期間限定で発売された「グランドキリン夜間飛行」です。

冬の夜にぴったりなキャッチフレーズと夜空を意識したラベルデザインがいいですね。冬の夜空の雰囲気がよく出ていて個人的にはこういうのイメージが大好きです。

 

土星のような惑星にロケット。ラメで模った星々の中にはキリンの星座が配置されています。

裏ラベルにもさりげなく都会の夜。

キリンビールのクラフトマンシップを注ぎ込んだグランドキリンシリーズの一つになります。

今回はアンバーエールということでアメリカ産のカスケードホップを使用。

アルコール度数は5.5%

原材料には麦芽とホップに加えて乳糖を添加して醸造されています。

この他には麦芽にもひと手間かけてかけられているようで「麦芽の外皮を取り除いた濃色麦芽を一部使用」となっています。

麦芽の外皮を取り除くことによって渋みを抑え、香ばしさを強調して飲み易くしてあるみたいですね。

グランドキリン夜間飛行は麦芽由来の香ばしさと甘味。乳酸によるほのかな甘みと爽やかなのどごし。アメリカンカスケードホップの甘い香りとほのかな苦味。

並べてみるとずいぶんと甘さが強調されているようです。

さっそく帰ってから確認してみることにしましょう。

 

グラスに注いでみると泡立ちはよく、茶色がかった濃い色あいです。

泡はきめ細かく繊細で、この辺りはさすがグランドキリンといったところでしょうか。

香りはフルーティーな甘さと麦の香ばしさ。

中身はアンバーエールというだけあってもちろん赤銅色。

味わいはカスケードホップにしては苦味は抑えられていますが濃厚で優しい苦味が続き、最後には甘味が後を追いかけてきます。

グランドキリンならではの重厚感と飲み易さ、飲みごたえも兼ねそろえています。

星空のキレイな夜にはついつい買ってしまいそうです。出来れば月明りの下で飲みたいプレミアムビールですね。

細部にも細かいデザインが施されています。

こういったところが子供の頃の夜の世界へのワクワクとした気持ちを思い出させますね。

仕事終わりの一杯はしばらくの間、グランドキリンの夜間飛行に決まりそうです。

グランドキリン夜間飛行

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー