2017年6月6日に発売されたグランドキリン梅雨のエキゾチック。

ここのところグランドキリン・シリーズはすごい勢いで新製品が開発されていますね。グランドキリンは何故かわかりませんが、ちょっと試してみたくなる魅力を持っているので、今回もコンビニで発見次第購入してみました。

ラベルはガラスタイルのようなデザインに紫陽花がオシャレです。「さわやかにして不思議な奥行き」とありますが、果たしてどのようなものなのでしょうか。

そしてもう一つ、キャップの部分になりますが、これまた傘のアイコンが描かれており梅雨の雰囲気を表現しています。

以前、飲んでみたグランドキリン夜間飛行でもそうでしたが、こういう細かい配慮に恐れ入ります。

さて、原材料の方は麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ、コリアンダーシード。造り方としてはベルギービールにインスピレーションをうけているようですね。それとキリン「のどごし春の喝采」にも使用されていたブラボーホップを使用。

アルコール度数は5.5%。

麦芽使用率50%以上ということで発泡酒です。

泡はふっくらとクリーミー系。

香りはホップの感じがよくでています。

味わいは、ホップを中心にバランスのとれた優等生といったところでしょうか。グランドキリン特有のニュアンスも感じますが、ちょっと別のジャンルといった気もします。

個人的にはプレミアムビールとしては少々軽すぎるような気もするのですが、梅雨のジメジメとした空気を考えるとこれくらいがちょうどいいのかもしれません。この辺りが「さわやかにして不思議な奥行」というやつなのでしょうか。わかりませんが、もう一本くらい続けて飲んでみたくなる感じがします。

グランドキリン 梅雨のエキゾチック

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

全国のブルワリーめぐり 北海道 ・サッポロビール北海道工場 関東地方 東京都 ・ヱビスビール記念館 神奈川県 ・・・