グランドキリンシリーズのIPA。こちらはグランドキリンJPLと同じくグランドキリンの後継商品になります。

ポイントは、ひと手間かけたホップを漬け込むことで、フルーティな香りと上質な苦みを引き出したということ。それとグランドキリンならではのディプホップ製法を使用しているということです。

製造はキリンビール滋賀工場になります。

原材料は麦芽にホップ。希少なホップが使用されているということも大事なポイントでしょう。

アルコール度数は5.5%

出先だったのでグラスはホテルの部屋に用意されていたものでいただきました。

第一印象は、もこもこしながらもクリーミーさを感じさせる泡。

香りはしっかりとしたホップの香りが漂ってきます。アロマティックというよりは苦味が強い感じです。それと少し青いイメージも。

いくつかグランドキリンのシリーズは飲んできましたが、このグランドキリンIPAも例に漏れずグランドキリンの特徴がよく出ています。反面、一般的なIPAのように力強い個性があるというわけではないので、あくまでもグランドキリンの範疇でホップが増強されているという感じだと思います。アルコール分は感じにくく、飲み易さを協調してそこにフレッシュなホップの青々しさを添加したような味わいです。

IPAと思って飲まれるとビックリするかもしれません。どうでしょう?なかなかメインターゲットが予想しにくいIPAかも……?

グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)