grakirin001

キリンのクラフトマンシップが注ぎ込まれたプレミアムビール【グランドキリン】

2012年6月からセブンイレブンへ向けて販売されていたグランドキリンですが、その後順調に販路を拡大していき、2016年3月に装いも新たにしてフルリニューアル。キリンのプレミアムビールの一角として新しく再スタートをきりました。

ボトルデザインは白と黒の高級感を感じるデザイン。白色のラベルには通常のラベルとは異なり特殊な加工が施されています。

grakirin002

開け口についてですが、開けやすいリンプル蓋を採用し、広口の瓶なのでそのまま直に呑むこともできます。

ビールとしては珍しい形状です。

 

そして製法上においてもっとも特徴的なのがグランドキリンのために開発されたという「ディップホップ製法」です。

これはひと手間かけたホップを発酵中に漬け込むことによって複雑な香味を引きだしつつも飲みやすく仕上げるための製法と言われています。

使われているホップもハーバルな香りが特徴の「ヘルスブルッカー」とフランスの白ワイン用品種であるソーヴィニオン・ブランに由来した「ネルソンソーヴィニオン」を一部使用とのことで、通常のキリンビールよりもさらなるこだわりが伺えます。

grakirin003

泡立ちは勢いがいいのですが反面、持続性が低い印象です。

香りはフルーティーですがそこまで強くはありません。

grakirin004

カラーリングはイエローゴールド。透明感もあり、裏ラベルに「麦芽やホップの成分により、濁りが生じることがありますが、品質には問題ありません」と記載されていますが、そのような具合は微塵も感じませんでした。

 

アルコール度数は6°と高めに設定してあります。

味わいは非常に呑みやすくすっきりとしていますが、不思議なボディを感じとれます。全体的にはフルーティーで甘いニュアンスが強いビールです。その分苦味を求めてみえる方は物足りなさを感じるかもしれません。

ビールのジャンルとしてはIPLに属しているようですが、華やかさというよりはキリンらしい呑みやすさが際立つ仕上がりになっています。IPLがお好きな方に向けてというよりは、これからクラフトビールに挑戦してみたいという方に向けての製品かな、という印象でした。

 

グランドキリン