tv-granlager001

イオンのトップバリュービール【グランラガー・アロマ】

2016年4月5日から発売開始。同じトップバリューブランドとして2010年にはバーリアルが発売されており、そこから順調に販売を重ねていっているようです。

 

イオンのビールと言えば気になる方も見えるでしょうから、こちらも一枚。

tv-granlager002

原産国は韓国になっていますね。生産者については記載がありませんので、何ともいうことができません。

韓国のビールと言えば「hite」や「cass」などが有名ですね。これは2社ともに異なる韓国ビールのトップメーカーですが、最近ではロッテなどもビールを発表し、攻勢をかけているようです。

私も仕事でソウルに行くときなどにはよく呑みますが、品質もそれほど悪くないビールが生産されています。

 

それではグラスに注いでみましょう。

tv-granlager003

泡立ちはよく、そこそこに持続性もあります。

 

カラーリングは薄めのイエローゴールド。

tv-granlager004

香りはアロマホップのニュアンスですが、それほど強くはありません。

 

ひと口呑んでみると、フルーティーで甘めの味わい。爽やかな苦味のおかげで飲み易く仕上がっています。

アルコール度数は5°

原材料のモルトには、オーストラリア産のペールモルトとドイツ産のカラファスペシャルモルトを使用。

ホップはドイツ産のハラタウミッテルフリューで爽やかでマイルドな香りを惹き出し、アメリカ産のビターホップ・ガレーナでシトラス系の香りと繊細な苦味を表現しています。そしてこのホップは名前の通り三回に分けて投入される「トリプルホッピング製法」

20日以上の長期熟成をしており、さらに氷点下熟成、酸素遮断工法を組み合わせることで雑味を極力おさえながら新鮮な風味を大切にしています。

 

アロマの銘打つだけあってアロマホップのフルーティーさが全面によく出ています。失礼だと思いますが、正直購入当初に考えていたよりレベルの高い味わいです。

製法もかなりこだわって生産してきましたし、イオンはこれから本格的なビールに参入するということもありえるのではないでしょうか。

価格は350mlで税込181円の生ビール。

第3のジャンルに近い価格でありながらのこの味わいは非常に魅力的だと思います。

 

イオンが好きになる本―もう化学は、つらくない!