blgsasnkbr661622001

セブン&アイとサントリーのコラボ商品「金のビール」です。

購入したのはもちろんセブンイレブンになります。

金のビールは通常のコラボ商品と言うよりは、セブンゴールドというPB(プライベートブランド)に位置しています。他のビールメーカーとのコラボレーション・ビールとは異なり、セブン&アイのPBとして販売されているので、その分力が入っているのでしょうか?期待ができますね。

セブンゴールドと言えば「金のハンバーグ」や「金の麺」なんかも販売されています。一般商品よりもワンランク上の製品として送り出しているブランドです。はたしてビールの方はどうでしょうか。

というわけで今回は「金のビール」に挑戦してみようと思います。

blgsasnkbr661622002

さっそくグラスに注いでみました。

グラスは今回もベルギービール・ウィークエンドのものになります。

ビールのカラーリングは澄み渡ったゴールドです。名前の通り「金のビール」ですね。

 

缶の説明書きを読んでみると

天然水100%仕込みに麦芽100%の生ビール。

4種類の麦芽を贅沢に使用しており、アルコール度数は6%と高めに設定してあります。

そしてセブン&アイとサントリービール㈱による共同開発ということです。

公式サイトの開発説明を確認してみると、セブンゴールドは売り場が明確なので販売ペースに応じた商品供給が可能だということ。

だから非熱処理の生ビールで提供できるということですね。

麦芽の一部は国産ゴールデン麦芽を使用。これはエキス分が濃厚なんだそうです。カラーリングが綺麗な金色というだけあって濃い色あいをしています。

 

次は泡を見てみましょう。

blgsasnkbr661622003

泡立ちは結構しっかりしています。

ちょっと写真が暗いですが金色のビールとのコントラストは美しいです。

ラベルに表記されている通り、クリーミーな泡だと思います。

 

味の方は、コクというより甘さが際立っていました。アロマホップを使用しているということで香りはいいですが、苦味によるキレがあまりありません。このあたりは人を選ぶところですかもしれませんね。

濃厚な甘さのわりにすっきりと呑めますが、エキス分とアルコールによるボディもあるので見た目より重たい印象です。

他のプレミアムビールほどではないですが、メジャーな製品と比べると重いという感じです。価格もちょうど中間くらいにあたりますしね。

時間が経つとアルコールが立ってきます。複雑さを生んでいるのでそこまで気にはなりませんけど。

 

セブンイレブン限定のビールはサントリー以外でも販売されているので、棲み分けというか違う方向を狙っているような味わいです。

比較対象があまり思い浮かばないので評価の難しいところですが、試しに軽く呑んでみる分にはいいと思います。「金のビール」という名前のせいか、色あいのほうが印象的ですしね。

アルコール度数のわりに甘さが強調されているので、ぐいぐいと呑めるビールに仕上がっています。爽快感を求めている方にはむかないかもしれません。

総評としては味わい的にも製品の方向性としてもおもしろいビールだと思います。