sp-beer-surprise16236001

「鮮烈な苦味、爽快な美味しさ」をキャッチフレーズにしているサッポロビールによって開発されたビールになります。

販売はファミリーマート。数量限定での発売です。

 

それにしても副題のビア・サプライズが気になりますね。

テーマとして「驚きのある美味しさ!」という設定がされているようですが、商品名から察するに苦味によるサプライズか何かあるのでしょうか。

呑んでみないとわかりませんね。

というわけでさっそく注いでみました。

sp-beer-surprise16236002

泡の感じといい、カラーリングといい典型的な国産のピルスナーのようです。

アルコール度数は5%

調べてみるとやっぱりジャンルはピルスナーということです。

 

それではひと口呑んでみます。

苦い!

さらに苦い!

後味ももっと苦い!!

通常のピルスナーよりもライトで呑みやすいといった感じですが、何にせよ苦味が際立っています。余韻がいつまでも続いています。

最近はやりのIPA系のような華やかなアロマと苦味と言うよりは、ピルスナーの苦味が極端に強くなった感じ。

「至福の苦味」ですからね。苦いビール好きにはウケるかもしれません。

苦味以外の余韻は続かずにさっぱりとしているので、食事に合わせるには万能だと思います。真夏に炎天下でキンキンに冷やして呑みたいビールです。

 

苦味が気になったのでポップの種類を調べてみました。

ドイツの伝統的ポップである「ハラタウトラディション」とビターホップの「ヘラクレス」が使用されています。

公式サイトには高α酸ホップ・ヘラクレスという記載がありました。何かと思って調べてみたら、高α酸というのは苦味の素だそうです。

どちらのポップもサッポロビールの社員が現地まで直接赴かれて、栽培から加工管理まで作り込んでいるそうです。

そして肝心の製法上の違いは、煮沸工程の途中に3回もポップを投入しているということです。これによって鮮烈な苦味を再現しているんですね。

 

まぁ何にせよ。

始めから終わりまで苦味が強調されたビールでした。

 

最近各メーカーともに新商品も多く、敢えていろいろなビールに挑戦しているのですが、なかなかどれも特徴がありますねー。開発の方はネタが尽きないのでしょうか。

ちょっと先鋭的すぎるようなきらいがありますが、おもしろいことはおもしろいですね。

 

ビールの科学―麦とホップが生み出すおいしさの秘密 (ブルーバックス)