オホーツクの海と空、そして流氷をイメージした青色のビール、流氷ドラフト。以前から青いビールの噂はかねがね聞いていましたが、実物を目にするのは初めてです。

ラベル全体から漂ってくる何やら怪しげな雰囲気。

仕込み水にオホーツク海の流氷を使っているようで、このブルーの色あいの液体に浮かぶ白い泡が流氷をイメージしているそうです。

そう聞かされるとなんだかロマンチックな印象に代わります。

アルコール度数は5%

原材料は糖類、麦芽、ナガイモ、ホップ、クチナシ色素。

青いビールと言われていますが、正確には発泡酒になります。ナガイモは泡立ちをよくするために東京農業大学の永島教授からの技術提案によるもの。天然のクチナシ色素によってよりオホーツク海のブルーに近づけるが成功したそうです。その他にも麦芽使用比率は25%未満と、原材料だけでも類をみない特殊な作り方です。

 

もうすでに気づかれた方もみえるでしょうが、上の写真の右端に写っているのが流氷ドラフトです。バーの中での試飲だったのでブルーと言うよりは紫色の凄い色合いになってしまいました。

これではせっかくのオホーツクのイメージが感じられないのでライトで照らしてもらいます。

これはキレイで透明感のある見事な青色です。テンションが上がります。

先ほどの暗い海のような色あいとは一変して、美しいブルーの色あいはとてもビールや発泡酒とは思えません。カクテルと言われたほうが納得できますね。

飲み口は非常にすっきりとして飲み易く、ほのかにビールではみかけない甘味を感じます。やはり発泡酒というよりビールテイストカクテル?といった感じでしょうか。麦芽比率や流氷を使用することによって爽やかで軽い飲み口に仕上げたということなので、ビール感は薄まってしまっています。

それでもインパクトは大きく、話題性もありますので売れるのもわかりますかね。今度はぜひオホーツクの海と比べてみたいものです。

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー