日本で初めて瓶内発酵、瓶内熟成を使用した新潟麦酒。その新潟麦酒が瓶ではなく缶内熟成といわれる製法で送り出したのがこのNiigataBEER(新潟麦酒缶)。

購入先は新潟駅に併設されたぽんしゅ館でお土産用の地ビールの一つとして買いました。

グラスに注がれた顔つきのビール。ニコちゃんマークのようなキャッチーなデザインが可愛いです。しかも裏と表で微妙に異なっています。

「ただ、美味しいビールが飲みたかった…!!」という生産者の想いとベルギー式で造られた本格派のビールであると説明があります。

缶内熟成にベルギー系の造り、そしてキャッチーなキャラクターと新潟の地ビール。想像の範囲を軽く超える組み合わせに期待が膨らんできます。

原材料は麦芽とホップ。吟味された麦芽・ホップだけを使用して缶内で自然発酵させた100%ナチュラルなビールということです。アルコール度数は4.5%

さて、そろそろグラスに注いでみましょう。

泡立ちはあまりよくはありません。どっしりと重いイメージです。

カラーリングは黄土色に近いゴールドで濁りのためかすかに反対側が映る程度。缶内熟成ということなので酵母がそのまま閉じ込められている感じです。今のところ澱は発生していないように見受けられます。

香りは弱いですがアロマティックなフレーバー。

口に入れると非常にフルーティーで飲み易くしっかりとしたボディ。しかし強すぎるということはなく僅かな炭酸感と共にさっぱりと消えていく味わい。ブドウジュースに近いワインのようなマイルドな舌触りです。

缶だったので油断していましたが、結構気に入りました。食事と合わせるというよりはブドウや洋梨などのフルーツをおつまみにしたい味わいです。

ベルギービール派の方には少し物足りないかもしれませんが、ヨーロッパ系ビール初心者にはちょうどよい塩梅で、地ビールのお土産としても満足できる仕上がりだと思います。

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー