新潟県のスキーリゾート地、妙高高原にあるブルーパブで製造されている妙高高原ビール。今回はダークラガーです。この妙高高原ビールが製造されているビール園タトラ館はカニや寿司や焼肉など新潟県の豊富な食材によるバイキングと妙高高原ビール飲み放題という嬉しい組み合わせが人気のあるレストランになります。

今回購入したのは新潟駅にあるぽんしゅ館です。日本酒だけでなく、新潟の地ビールも豊富に揃えているのでビール好きにはたまりません。

この妙高高原ビールのダークラガーは高品質焙煎モルトをふんだんに使用し、ブラック、カラメル、ミュンヘン、ピルスナーの4つの種類のモルトから生まれる複雑な香味が特徴ということ。

アルコール度数は5%

IBUは17.2になります。

原材料は麦芽にホップ。記載通り、ろ過や殺菌を行わず、酵母が生きている状態で瓶詰めされています。

かなりしっかりとした泡です。ゆっくりと弾けながら泡が堅くなっていくのがわかります。

香りはミルキーで乳酸のようなニュアンス。

ライトボディですが、ローストされた麦芽の芳ばしさと熟成による深みを増したコク。かすかな酸味も感じられて飲み口はさっぱりとしています。黒ビールの中でも初心者がとっつきやすい味わいだと思います。