宮島ビールのペールエールです。こう名前だけ聞くと何か矛盾しているようにも思えてきますが、ビールのジャンルがペールエールということです。

購入先は10年ぶりに観光で立ち寄った宮島のフェリー乗り場で購入しました。

宮島ビールということで当初広島で生産されているものなのかと考えていましたが、缶の製造者の項目をよく確認してみると山口地ビール株式会社という名前が。

さらに見てみると「宮島ビールがプロデュースした」とあります。さすがに広島の一大観光地である宮島の需要を満たすためには委託生産が必要ということでしょう。

さて、肝心の中身ですが原材料は麦芽、ホップ。

アルコール度数は5%になります。

さすがにフェリーで開けるわけにはいかないのでホテルで試飲してみます。

クリーミーでメレンゲのような泡。

搾りたての麦汁のような甘くて濃厚な香り。その分、ホップの印象は弱めです。

味わいは芳ばしい洋焼き菓子。マンゴーのタルトやオレンジのコンフィのようなニュアンスがあり、ジューシーで香ばしく、嫌味にならないくらいに中和されたホップの苦味でさっぱりとした後味にほどよい余韻を感じられます。

ペールエール好きの中では賛否両論ありそうですが、完成度は高いと思います。モルティ&フルーティーが好きな方にオススメですね。

この缶は宮島側のフェリー乗り場で見つけたものですが、他で見かけた宮島ビールはすべて瓶に入っていました。一応、売り場で確認してみたところ中身に違いはないということです。両方手に入れる余裕がある方は飲み比べてみるのもおもしろいかも?

宮島ビール ペールエール6本セット

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

全国のブルワリーめぐり 北海道 ・サッポロビール北海道工場 関東地方 東京都 ・ヱビスビール記念館 神奈川県 ・・・