店頭でこちらのビールを初めて手に取ったとき考えたことはこのビールの名前はなんぞ、ということでした。

ラベル中央に大きく記載されている文字は「camphor」読み方はカンファーです。

カンファーといっても意味がよくわからなかったので調べてみると樟脳という意味でした。カンファーというよりカンフルといったほうが私のように聞き覚えがある方も多いかもしれませんね。

よく見てみると下のほうにKizakuraという名前が確認できるので、黄桜・カンファーということにしておきます。

ラベルを確認してみたときに記載されているオススメポイントは、佐賀県産の二条大麦を100%使用しているということ。そしてマスターソムリエ高野豊氏の名前が表示されているということです。

このマスターソムリエ高野豊氏はこの黄桜カンファーの他にも、ワインや日本酒などをイオンとタイアップしているようで、そういえばこちらのカンファーを購入したのは佐賀県内にあるイオンでした。飲んだことのないビールを発見するとついつい購入してしまうクセがあるので、すっかり気にしていませんでした。

さて、こちらのカンファー。

原材料は麦芽、ホップ。

アルコール度数は5%です。

製造は黄桜株式会社M。あの京都伏見の日本酒、黄桜を製造しているところです。他にも京都麦酒というビールのシリーズを展開しています。

比較的きめ細かいですが軽い感じの泡。

香りはすごくセクシーな印象です。濃厚な赤ワイン用のブドウを潰したときのような香り。しかし、あくまでもブドウジュースです。赤ワインのようなフレッシュさや熟成香ではありません。

ビールというよりは大麦を使用したフレッシュフルーツカクテルのような味わい。熟したベリー類のジューシーな果実味が麦芽の甘味と交わり、乳酸飲料のようなニュアンスも生み出しています。個人的には結構クセになる味わいです。これぞビール!っといった味わいが好みの方には敬遠されるでしょうが、フルーティーなビール好きにはウケると思います。

黄桜カンファーの感想の内容がマスターソムリエの高野豊氏という部分に引っかかっているようにワイン的なイメージが中心となっていますが、いつも新しいビールをテイスティングするときにはラベルを確認せずにそのまま飲んで感想を書いていくのでブドウジュースのような味わいというのは純粋は私がうけたイメージです。興味ある方にはぜひとも飲んでもらいたいと思うのですが、佐賀県以外で見つけたことがないので果たして現地以外で手に入るのでしょうかね?

黄桜 京都麦酒 4缶アソートセット 350ml×4種アソート×6セット

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

全国のブルワリーめぐり 北海道 ・サッポロビール北海道工場 関東地方 東京都 ・ヱビスビール記念館 神奈川県 ・・・