黒霧島や赤霧島などの焼酎で有名な宮崎県にある霧島酒造。その工場がある霧島ファクトリーガーデン内の霧の蔵ブルワリーでは地ビールも生産されています。

その中でも今回挑戦してみたのは、霧島ビール・ゴールデン。

購入先はもちろん宮崎県にある霧島ファクトリーガーデンで、焼酎の霧島の製造工程を見学した後にショップで購入しました。

原材料は麦芽、ホップ。ポイントとしては、仕込み水に霧島裂罅水(きりしまれっかすい)を使っているというところでしょうか。焼酎工場見学の際にも霧島裂罅水についてしっかりとした紹介がなされていました。

アルコール度数は4.5%です。

予想していたよりもしっかりとしていて、さらっとした感じの泡。

そして麦。麦芽のローストされた芳ばしい香りがします。

すうっと飲み易い。まったくといっていいほど、ひっかかりもなくキレイに身体に染みわたっていきます。かと言って味わいが弱いというわけではなく、ミディアムボディに芳ばしい麦芽や酵母の味わいが中心的でほんのりとしたフルーツ香とホップのニュアンスが感じとれます。

ゴールデンという割には色あいが濃厚だったので、味わいも強いかと思っていましたが、そのようなことはなく、どちらかと言えば水のような飲み口でした。普段から大手ビールメーカーの味わいに親しんでいる方や地ビール初心者の方に自信をもって進められそうです。

飲んでいる途中、どうにも変わった味わいだと思いながら飲み進めていたのですが、きちんと調べてみたところ、この霧島ビール・ゴールデンは購入当初、ゴールデンエールかと思っていたのですが、正解はボヘミアンピルスナーということでした。まだまだ精進しなくてはいけませんねー。

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

全国のブルワリーめぐり 北海道 ・サッポロビール北海道工場 関東地方 東京都 ・ヱビスビール記念館 神奈川県 ・・・