北海道を代表するフルーツと言えばやはり夕張メロン。この夕張メロンの果汁を使用して造られたフルーツビールが今回飲んでみようと思うメロンエールです。

製造は小樽にある北海道麦酒醸造。

このメロンエール以外にも余市産の白ブドウが使われたナイアガラエールやハニーアップルエール、洋梨を使ったペアラガーなど様々なおもしろいフルーツビールが製造されています。

原材料は麦芽、ホップ、メロン、糖類、スピリッツ、酸味料、香料といった発泡酒で、麦芽の使用率は25%未満。果汁は5%。

内容量は300ml。

アルコール度数の方は5%になります。

キャップは王冠ではなく、栓抜きなしで開けられるところが好感触。旅先だと栓抜きが手に入らないこともあるので、こういった配慮は個人的に嬉しいところです。

泡立ちはきめ細かくクリーミー。液体の方はビールにしてはちょっと黄色味が強いかな、といった印象。

グラスに注いでいるだけでも漂ってくる濃厚なメロンのフレーバー。メロンソーダというよりはモナンのメロンシロップのような香りです。

飲んでみると、これまた甘い。フレッシュなメロンジュースに薄めにしたシロップと炭酸を注いだカクテルという感じです。シロップのような甘さといいましたが、くどさというものはまったくなく、後口もすっきりと爽快にいただける飲み物に仕上がっています。

オフィシャル的にはフルーツビールとありましたが、これはもうカクテルとして分類してもよいような感じです。ビールのニュアンスといったものもほとんど感じさせず、また缶酎ハイとはまったく別の飲み物になっています。

北海道を旅している途中に気軽に飲めそうなので購入したのですが、個人的には結構アタリです。本州でも販売されていればバーベキューなどのイベントにはかならず用意していくんですけどね。

世界の様々なビール | 流しのバーテンダー

全国のブルワリーめぐり 北海道 ・サッポロビール北海道工場 関東地方 東京都 ・ヱビスビール記念館 神奈川県 ・・・